2013年7月31日のシリア情勢

反体制勢力の動き

シリア革命反体制勢力国民連立メンバーでシリア民主主義者連合代表のミシェル・キールーはシリアの独立系ラジオ局「ロザーナ・ラジオ」に「アサドと和解せよとのいかなる圧力も反体制勢力は受けていない。世界はこの危機をめぐって混乱しているか、決定を下していないか、アサドを支持しているかのいずれかだ」と述べた。

**

シリア革命反体制勢力国民連立のアフマド・ウワイヤーン・ジャルバー議長はカタール通信(7月31日付)のインタビューに応じ「過去8ヶ月と同様、我々は、自由シリア軍と革命諸勢力が現地で強くならなければ交渉に望まない」と述べ、ジュネーブ2会議への出席に前向きだった前日までの姿勢を一変させた。

**

シリア国民評議会のブルハーン・ガルユーン元事務局長は『ハヤート』(8月1日付)に対して「三つの主要な戦線(アレッポ、イドリブ、ダマスカス郊外県)において、政府(軍)は進軍していない。逆に自由シリア軍が新たな戦果を得ている」と述べ、反体制武装集団の劣勢を否定した。

また「過激派に武器が渡らないするようさまざまなかたちで保証する…。主な保証とは、クラッシクなかたちで組織された軍に武器を供与するということである…。第2に、解放区の信頼できる集団に武器を与えることである…」と付言し、反体制勢力のさらなる武装化の必要を強調した。

**

ハサカ県の有識者284人が「ジャズィーラ有識者の呼びかけ」と題した共同声明を出し、対話を通じた混乱の解消を呼びかけた。

**

クッルナー・シュラカー(7月31日付)によると、ダマスカス郊外県で活動する使徒末裔旅団の各部隊が「カラムーン解放戦線」を結成した。

カラムーン解放戦線に参加した武装集団は以下の通り:

第一旅団特殊部隊
マンズール殉教者大隊
サーディクー・アフド大隊
殉教者ナーディル・サイフッディーン大隊
サイフ・アドル大隊
アブー・タアーン大隊
ハーリド・ディヤーブ大隊
ズー・フカール大隊
殉教者アフマド・ハティーブ大隊
ナシャーマー・カラムーン大隊

**

ダマスカス郊外県でロシア製のOSA防空システムを使用したとされるイスラーム旅団の報道官はクッルナー・シュラカー(7月31日付)対して同県東グータ地方上空を「飛行禁止空域」に指定したと述べた。

シリア政府の動き

クッルナー・シュラカー(7月31日付)は、地元活動家の話として、アサド大統領がハマー市のモスクで礼拝する映像を撮影したと報じた。

同報道によると、映像はイード・フィトルに放映するために撮影されたという。

国内の暴力

アレッポ県では、シリア人権監視団によると、シャームの民のヌスラ戦線とイラク・シャーム・イスラーム国が、クルド人が多く住むタッル・アラン村とタッル・ハースィル村を占拠し、村人約200人を誘拐・拉致した。

また同監視団によると、先週反体制武装集団が制圧したハーン・アサル村に対して、軍が奪還をめざし攻撃を激化させた。

このほか、アレッポ市のカーディー・アスカル地区、サーフール地区、マサーキン・ハナーヌー地区などを軍が砲撃、またクルド山の村々が軍の空爆を受けた。

一方、SANA(7月31日付)によると、タッラ・マガーラ村で、軍は反体制武装集団の掃討を完了し、同村の治安を回復した。

またアイン・ダクナ村、アンダーン市、フライターン市、ダーラ・イッザ市とダーナー村(イドリブ県)を結ぶ街道、ハーン・アサル村、マンナグ市、ハンダラート・キャンプ、アレッポ中央刑務所周辺で、軍が反体制武装集団と交戦し、複数の戦闘員を殺傷、拠点・装備を破壊した。

アレッポ市では、旧市街、サラーフッディーン地区、マシュハド地区、カラム・ジャバル地区で、軍が反体制武装集団と交戦し、複数の戦闘員を殺傷、拠点・装備を破壊した。

**

ダマスカス郊外県では、SANA、シリア人権監視団によると、紛争和解をめざしてきたザバダーニー市のマージド・ティーナーウィー市議長とガッサーン・ハッージ・ハンムード国民和解委員会メンバー(ダマスカス郊外県)が反体制武装集団に襲撃・暗殺された。

また、SANA(7月31日付)によると、ハラスター市、アイン・タルマー村、バハーリーヤ農場、ズィヤービーヤ町、フジャイラ村で、軍が反体制武装集団の追撃を続け、複数の戦闘員を殺傷、拠点・装備を破壊した。

**

ハサカ県では、シリア人権監視団によると、ハサカ県でシリア民主社会党(アドナーン・ブーザーン党首)の治安部隊(アサーイシュ)の検問所前で、袋に入れられた爆弾が爆発し、治安要員1人が死亡した。

またカフターニーヤ市郊外のスーフィヤー村、ターヤー村、ジールキー村で、民主連合党人民防衛部隊と、シャームの民のヌスラ戦線、イラク・シャーム・イスラーム国が交戦した。

さらにタッル・ハルフ市でも両者が交戦、シャームの民のヌスラ戦線、イラク・シャーム・イスラーム国の戦闘員7人が死亡した。

クッルナー・シュラカー(7月31日付)によると、マアバダ(カルキールキー)市内にある病院前の民主連合党人民防衛部隊検問所で爆弾を積んだ車が突入し自爆、多数の兵士が負傷した。

**

ヒムス県では、シリア人権監視団によると、ヒムス市のバーブ・フード地区、旧市街、ワアル地区が軍の砲撃を受ける一方、ヒムス石油精製所に対して何ものかが迫撃を行った。

ヒムス県では、SANA(7月31日付)によると、ヒムス市ジャウラト・シヤーフ地区、クスール地区、カラービース地区、バーブ・フード地区、ワーディー・サーイフ地区、バーブ・スィバーア地区、ワアル地区、ハウラ地区、キースィーン市、ラスタン市、タルビーサ市、ダール・カビーラ村、ガントゥー市、ガジャル村、タッルカラフ市で、軍が反体制武装集団を追撃し、複数の戦闘員を殺傷、拠点・装備を破壊した。

またハスヤー町で反体制武装集団が車に爆弾を仕掛けて爆破し、市民1人が死亡、6人が負傷した。

さらに反体制武装集団がヒムス石油精製所に対して砲撃を行った。

**

ダマスカス県では、シリア人権監視団によると、バルザ区、ジャウバル区で、軍と反体制武装集団が交戦し、軍が砲撃を加えた。

一方、SANA(7月31日付)によると、カーブーン区で、軍が反体制武装集団の追撃を続け、複数の戦闘員を殺傷、拠点・装備を破壊した。

またバルザ区で、科学研究センター職員が乗ったバスに反体制武装集団が撃った迫撃砲弾が着弾し、6人が死亡、19人が負傷した。

**

イドリブ県では、シリア人権監視団によると、バーラ村などに軍がクラスター爆弾を投下し、子供5人と女性2人を含む9人が死亡した。

一方、SANA(7月31日付)によると、バシュラームーン村、カニーヤ村、バーラ村、イフスィム村、カンスフラ村、ダイル・サンバル村、カフルルーマー村、タマーニア町、ナフラ市、ウンム・ジャリーン村で、軍が反体制武装集団と交戦し、複数の戦闘員を殺傷、拠点・装備を破壊した。

**

ラッカ県では、シリア人権監視団によると、タッル・ファンダル村、タッル・アフダル村、スッカリーヤ町などで、民主連合党人民防衛部隊と、シャームの民のヌスラ戦線、イラク・シャーム・イスラーム国が交戦した。

**

ダルアー県では、シリア人権監視団によると、シャラーイウ村に軍が突入、またハーッラ市で軍と反体制武装集団が交戦した。

一方、SANA(7月31日付)によると、東ガーリヤ町、フラーク市、イズラア市、ムサイフラ町、ハーッラ市、ブスル・ハリール市、ガーリヤート市で、軍が反体制武装集団と交戦し、複数の戦闘員を殺傷、拠点・装備を破壊した。

**

ダイル・ザウル県では、SANA(7月31日付)によると、ダイル・ザウル市のラシュディーヤ地区、ハウィーカ地区、ジュバイラ地区、工業地区、カナージブ村、マリーイーヤ村などで、軍が反体制武装集団と交戦し、シャームの民のヌスラ戦線、アブー・ラアド・サイフ・イスラーム集団の戦闘員らを殺傷、拠点・装備を破壊した。

**

クナイトラ県では、SANA(7月31日付)によると、ジャバーター・ハシャブ村で、軍が反体制武装集団と交戦し、複数の戦闘員を殺傷、拠点・装備を破壊した。

諸外国の動き

ロシアのウラジミール・プーチン大統領は、サウジアラビアのバンダル・ビン・スルターン総合情報庁長官とモスクワで会談し、シリア情勢などについて協議した。

**

ロイター(7月31日付)などによると、ローマ教皇フランシスコは、シリアでのイタリア人宣教師パウロ・ダルリオ氏(ダイル・マール・ムーサ-修道院修道長)の失踪に対して懸念を表明した。

**

UNDOF主力部隊であるオーストリアの派遣部隊(380名)がゴラン高原からの撤退を完了した。

**

アル=カーイダの指導者アイマン・ザワーヒリーは音声声明を発表し、「イスラーム教徒のシリアでのジハード主義インティファーダは、シャームにおけるシーア派・サファビー朝の計略を主導するハサン・ナスルッラーの醜い顔を暴露した…。(シリアでの紛争は)イスラーム教徒のウンマに、(ヒズブッラーが)このシーア派・サファビー朝の計略の道具に過ぎないことを示した」と非難した。

**

シリア大統領府が米国のSNSインスタグラムに「syrianpresidency」(http://instagram.com/syrianpresidency#)というページを開設し、大統領の写真を掲載・公開していることに関して、米国務省報道官は「卑劣なPR行為以外の何ものでもない」と酷評した。

AFP, July 31, 2013、al-Hayat, August 1, 2013、Kull-na Shuraka’, July 31, 2013, August 1, 2013、Kurdonline,
July 31, 2013、Naharnet, July 31, 2013、Reuters, July 31, 2013、SANA, July
31, 2013、UPI, July 31, 2013などをもとに作成。

 

(C)青山弘之 All rights reserved.

 

カテゴリー: シリア政府の動き, 反体制勢力の動き, 国内の暴力, 諸外国の動き パーマリンク