諸外国の動き:米国防省報道官がシリア軍のラッカ市爆撃を批判(2014年11月27日)

ジェニファー・サキ米国務省報道官は、自国が指導している有志連合も頻繁に空爆を行っているラッカ市に対するシリア軍の25日の空爆に関して、「恐怖を感じる」としたうえで、アサド政権の正統性を改めて否定、非難した。

**

化学兵器禁止機関のアフメト・ウズムジュ事務局長は、国連安保理に対してシリアでの化学兵器廃棄プロセスの進捗状況を報告した。

この報告で、ウズムジュ事務局長は、シリア領内に残されている化学関連施設が12施設あり、これらは12月から廃棄作業が開始され、2015年6月末に同作業の終了を予定しているという。

『ハヤート』(11月28日付)が伝えた。

AFP, November 27, 2014、AP, November 27, 2014、ARA News, November 27, 2014、Champress, November 27, 2014、al-Hayat, November 28, 2014、Kull-na Shuraka’, November 27, 2014、al-Mada Press, November 27, 2014、Naharnet, November 27, 2014、NNA, November 27, 2014、Reuters, November 27, 2014、SANA, November 27, 2014、UPI, November 27, 2014などをもとに作成。

(C)青山弘之 All rights reserved.

カテゴリー: シリア政府の動き, 反体制勢力の動き, 国内の暴力, 諸外国の動き パーマリンク