シリア反体制勢力の動き:トルコで新たな反体制武装組織「シリア革命指導評議会」発足(2014年11月29日)

トルコのガジアンテップ市で、トルコ在住のジハード主義武装集団と「穏健な反体制派」が中心となって、新たな反体制武装組織「シリア革命指導評議会」を結成した。

シリア革命指導評議会は、シリア国内で活動する武装集団の統合を目的とし、6,000人の戦闘員からなる合同部隊の編成作業から開始するという。

シリア革命指導評議会には、イスラーム軍、シャームの鷹旅団、ハズム軍、シャーム軍団、シリア革命家戦線、ムジャーヒディーン軍、ヌールッディーン・ザンキー運動、革命の盾委員会、第13師団、第101師団、シリア解放戦線、フルサーン・ハック、ハック旅団、ガーブの鷹、ハック戦闘戦線、アンサール旅団、シリア殉教者大隊旅団連合などが参加しているという。

複数の活動家によると、ガジアンテップ市で開催されたシリア革命指導評議会の結成会合では、総会メンバー219人のなかから総司令部メンバー73人が選出された。

総司令部メンバーは、執行部17人、北部地区代表19人、中部地区代表12人、海岸地区代表8人、ダマスカスおよび同郊外地区代表15人、南部地区代表13人、東部地区代表7人を含むという。

また総会は、カイス・シャイフ氏をシリア革命指導評議会の議長に、アフマド・ラーギブ氏を副議長に、ナージー・ナハール氏を書記長に、ムハンマド・アッルーシュ氏を政治委員会委員長に、ムハンマド・ハーッジ・アリー少佐を軍事委員会委員長に、ラーミー・ハビーブ氏を民間委員会委員長に選出した。

シャームの民のヌスラ戦線、アンサール・ディーン戦線(ムハージリーン・ワ・アンサール軍(外国人)、シャーム・イスラーム運動、シャームの暁イスラーム運動、ハドラー大隊など)、シャーム自由人イスラーム運動、ジュンド・アクサー協会、ヤルムーク軍は参加していない。

シャイフ氏はシリア革命反体制勢力国民連立アフマド・トゥウマ暫定政府の法務大臣候補だったが、今月下旬のイスタンブール市での総会で人事を不服として、連立を脱会していた。

『ハヤート』(11月30日付)、クッルナー・シュラカー(11月29日付)が伝えた。

ARA News, November 30, 2014

ARA News, November 30, 2014

AFP, November 29, 2014、AP, November 29, 2014、ARA News, November 29, 2014、Champress, November 29, 2014、al-Hayat, November 30, 2014、Kull-na Shuraka’, November 29, 2014、al-Mada Press, November 29, 2014、Naharnet, November 29, 2014、NNA, November 29, 2014、Reuters, November 29, 2014、SANA, November 29, 2014、UPI, November 29, 2014などをもとに作成。

(C)青山弘之 All rights reserved.

カテゴリー: 反体制勢力の動き, 諸外国の動き パーマリンク