イスラーム国をめぐる動き:シリア軍がダイル・ザウル、ラッカでダーイシュを空爆(2014年11月28日追記)

ダイル・ザウル県では、シリア人権監視団によると、ダーイシュ(イスラーム国)によって実効支配されているブー・ウマル村をシリア軍が2度にわたって空爆した。

またダイル・ザウル市フワイジャト・サクル地区でシリア軍とダーイシュが交戦、スィヤーサ橋一帯をシリア軍が空爆した。

このほか、マヤーディーン市ジャラーディク広場で、ダーイシュが、若者1人を姦通罪により石打の刑に処し、殺害した。

一方、SANA(11月28日付)によると、ダイル・ザウル市工業地区、フワイジャト・サクル地区、ブーライル村・スフバ村間で、シリア軍が反体制武装集団の追撃を続け、ダーイシュ(イスラーム国)戦闘員を殺傷、拠点・装備を破壊した。

**

ラッカ県では、シリア人権監視団によると、シリア軍がラッカ市内のバヤーティラ地区、マンスーラ通りなどを4度にわたり空爆し、子供2人が死亡した。

一方、SANA(11月28日付)によると、シリア軍がダーイシュ(イスラーム国)のアジト複数カ所を攻撃し、複数の戦闘員を殺傷、装備を破壊した。

**

ヒムス県では、SANA(11月28日付)によると、シャーイル・ガス採掘所周辺で、シリア軍が反体制武装集団の追撃を続け、ダーイシュ(イスラーム国)戦闘員らを殺傷、拠点・装備を破壊した。

**

アレッポ県では、シリア人権監視団によると、ダーイシュ(イスラーム国)がアイン・アラブ市内の治安警戒地区、ハール市場などの大部分から撤退、西クルディスタン移行期民政局人民防衛部隊が同地に徐々に進軍を開始した。

また人民防衛部隊はアイン・アラブ市郊外のダーイシュの拠点を攻撃する一方、アイン・アラブ市アーザーディー広場一帯で交戦、双方に多数の死傷者が出た。

一方、同監視団によると、ダーイシュは晩に、アイン・アラブ市上空を旋回中のダーイシュの偵察機が、人民防衛部隊によって撃墜された。

**

ハサカ県では、シリア人権監視団によると、ブーカマール市郊外のラマーディー村で、ダーイシュ(イスラーム国)のクウェート人アミールが何者かに暗殺された。

**

米中央軍によると、米国など有志連合は、イラクとシリアのダーイシュ(イスラーム国)拠点などに対して15回にわたって空爆を行った。

AFP, November 28, 2014、AP, November 28, 2014、ARA News, November 28, 2014、Champress, November 28, 2014、al-Hayat, November 29, 2014、Kull-na Shuraka’, November 28, 2014、November 29, 2014、al-Mada Press, November 28, 2014、Naharnet, November 28, 2014、NNA, November 28, 2014、Reuters, November 28, 2014、SANA, November 28, 2014、UPI, November 28, 2014などをもとに作成。

(C)青山弘之 All rights reserved.

カテゴリー: シリア政府の動き, 反体制勢力の動き, 国内の暴力, 諸外国の動き パーマリンク