シリア国内の暴力:西クルディスタン移行期文民局当局がシリア人ペシュメルガ戦闘員を逮捕(2014年11月30日追記)

クッルナー・シュラカー(12月1日付)によると、西クルディスタン移行期民政局の「テロ撲滅特殊部隊」をなのる部隊が、イラク・クルディスタン地域のペシュメルガに所属するシリア人のイブラーヒーム・クーリーシュ氏を自宅で逮捕、連行した。

クーリーシュ氏は2013年初めにシリア軍を離反し、イラクに逃走後、イラク・クルディスタン地域のペシュメルガに加入、1年半ぶりに故郷に戻っていたという。

**

イドリブ県では、シリア人権監視団によると、シャームの民のヌスラ戦線が、シャフシャブー山のカウカバー村で逮捕・殺害したシリア革命家戦線所属のアンサール大隊メンバー13人の遺体を同大隊側に引き渡した。

13人はカウカバー村にヌスラ戦線が進軍した11月29日に投降したが、そのなかの1人がヌスラ戦線の車列に発砲し、ヌスラ戦線司令官を殺害したために、処刑されたという。

**

ヒムス県では、マサール・プレス(12月1日付)が、シャームの民のヌスラ戦線がラスタン市を29日に制圧、同地で「自由シリア軍を名乗る窃盗団多数」を逮捕したのち、30日に同地から撤退したと報じた。

Kull-na Shuraka’, December 1, 2014、al-Hayat, December 2, 2014、Masar Press Agency, December 1, 2014などをもとに作成。

(C)青山弘之 All rights reserved.

カテゴリー: 反体制勢力の動き, 国内の暴力 パーマリンク