イスラーム国をめぐる動き:今度は米軍がシリア軍に代わってラッカを空爆(2014年11月30日)

ラッカ県では、シリア人権監視団によると、25日から28日のシリア軍による空爆に続いて、米国など有志連合が、ダーイシュ(イスラーム国)拠点によって制圧されているラッカ市北部第17師団基地などに30回にわたって空爆を行った。

**

アレッポ県では、シリア人権監視団によると、米国など有志連合による空爆や西クルディスタン移行期民政局人民防衛部隊との戦闘で、ダーイシュ(イスラーム国)戦闘員50人以上が死亡した。

また同監視団やクルド地元筋によると、トルコ領内からミュルシトプナル国境通行所を経由してダーイシュ戦闘員(自爆犯2人ら)が潜入したが、人民防衛部隊などからなる合同部隊が撃退、戦闘員らはトルコ領内に撤退した。

**

ヒムス県では、シリア人権監視団によると、シャーイル・ガス採掘所周辺でシリア軍がダーイシュ(イスラーム国)と交戦した。

一方、SANA(11月30日付)によると、シャーイル・ガス採掘所周辺、ジャズル・ガス採掘所周辺で、シリア軍が反体制武装集団の追撃を続け、ダーイシュ(イスラーム国)の戦闘員を殺傷、拠点・装備を破壊した。

**

ダイル・ザウル県では、シリア人権監視団によると、ダイル・ザウル市郊外のダイル・ザウル航空基地周辺、ハトラ村をシリア軍が空爆し、子供2人、女性2人を含む7人が死亡、また同市の住民1人がシリア軍の拘置所で拷問を受け死亡した。

**

ハサカ県では、SANA(11月30日付)によると、ハサカ市西部郊外のタッル・バールード、同市南部および南西部郊外のカラーマ地区、マブトゥーフ地区、スィッディーク地区、ハマーイル地区で、シリア軍が反体制武装集団の追撃を続け、ダーイシュ(イスラーム国)戦闘員を殺傷、拠点・装備を破壊した。

一方、ARA News(11月30日付)によると、ダーイシュ(イスラーム国)がハサカ市西方のラフラフ村を制圧した。

AFP, November 30, 2014、AP, November 30, 2014、ARA News, November 30, 2014、Champress, November 30, 2014、al-Hayat, December 1, 2014、Kull-na Shuraka’, November 30, 2014、al-Mada Press, November 30, 2014、Naharnet, November 30, 2014、NNA, November 30, 2014、Reuters, November 30, 2014、SANA, November 30, 2014、UPI, November 30, 2014などをもとに作成。

(C)青山弘之 All rights reserved.

カテゴリー: シリア政府の動き, 反体制勢力の動き, 国内の暴力, 諸外国の動き パーマリンク