シリア国民連合が、ヌスラ戦線、イスラーム国、シリア政府を批判(2015年1月30日)

シリア革命反体制勢力国民連立のサーリム・ムスラト報道官は、アレッポ県郊外でのシャームの民のヌスラ戦線によるハズム戦線拠点への攻撃に関して「ヌスラ戦線の行き過ぎは、ダーイシュ(イスラーム国)に並ぶもので…、ダーイシュやアサド政権が行ってきた犯罪行為をシリア人に想起させる危険な行き過ぎだ」と非難した。

ムスラト報道官はまた、ダイル・ザウル市一帯でのダーイシュの活動に関して「ジャウラ地区、クスール地区の住民30万人がダーイシュによる包囲の結果、悲劇的状況に置かれている」と非難した。

AFP, January 30, 2015、AP, January 30, 2015、ARA News, January 30, 2015、Champress, January 30, 2015、al-Hayat, January 31, 2015、Iraqi News, January 30, 2015、Kull-na Shuraka’, January 30, 2015、al-Mada Press, January 30, 2015、Naharnet, January 30, 2015、NNA, January 30, 2015、Reuters, January 30, 2015、SANA, January 30, 2015、UPI, January 30, 2015などをもとに作成。

(C)青山弘之 All rights reserved.

カテゴリー: シリア政府の動き, 反体制勢力の動き, 国内の暴力 パーマリンク