ダーイシュ(イスラーム国)によるハサカ県住民(アッシリア教徒)拉致をめぐる動き(2015年2月27日)

外務在外居住者省は国連安保理議長と事務総長に宛てて書簡を提出、ハサカ県タッル・シャーミーラーン村一帯でのダーイシュ(イスラーム国)による住民(アッシリア教徒)拉致について、「ダーイシュ、シャームの民のヌスラ戦線、自由シリア軍、イスラーム軍といったテロ路指揮によるシリア国民への野蛮なテロ行為の一環」と位置づけ、国際社会に対して、こうした組織を支援する国家に対して断固たる対応をとるよう求めた。

**

アッシリア人権ネットワーク(在ストックホルム)は、ダーイシュ(イスラーム国)がタッル・シャーミーラーン村一帯で拉致した住民(アッシリア教徒)の解放をめぐる交渉が、ダーイシュと地元のアッシリア教徒名士、アラブ部族名士らとの間で始まったと発表した。

この交渉は、イフラーム・アスナーイール・ラーイー司教のイニシアチブのもとに開始されたという。

AFP, February 27, 2015、AP, February 27, 2015、ARA News, February 27, 2015、Champress, February 27, 2015、al-Hayat, February 28, 2015、Iraqi News, February 27, 2015、Kull-na Shuraka’, February 27, 2015、al-Mada Press, February 27, 2015、Naharnet, February 27, 2015、NNA, February 27, 2015、Reuters, February 27, 2015、SANA, February 27, 2015、UPI, February 27, 2015などをもとに作成。

(C)青山弘之 All rights reserved.

カテゴリー: シリア政府の動き, 反体制勢力の動き, 国内の暴力 パーマリンク