反体制武装集団がダマスカス郊外県での爆弾テロへの関与を否定(2015年2月28日)

ダマスカス郊外県で活動するスィッデーク旅団、マル・ブン・ハティーブ旅団らが共同声明を出し、27日にドゥマイル市のモスク近くで発生した自爆テロへの関与を否定した。

Kull-na Shuraka', February 28, 2015

Kull-na Shuraka’, February 28, 2015

AFP, February 28, 2015、AP, February 28, 2015、ARA News, February 28, 2015、Champress, February 28, 2015、al-Hayat, March 1, 2015、Iraqi News, February 28, 2015、Kull-na Shuraka’, February 28, 2015、al-Mada Press, February 28, 2015、Naharnet, February 28, 2015、NNA, February 28, 2015、Reuters, February 28, 2015、SANA, February 28, 2015、UPI, February 28, 2015などをもとに作成。

(C)青山弘之 All rights reserved.

カテゴリー: 反体制勢力の動き, 国内の暴力 パーマリンク