有志連合を指揮するテリー米陸軍中将は、シリア、イラクでの爆撃で民間人が死亡していたと初めて認める(2015年5月21日)

有志連合によるダーイシュ(イスラーム国)掃討作戦を指揮するジェームズ・テリー米陸軍中将は声明を出し、2014年11月にシリアのイドリブ県ハーリム市一帯のイスラーム過激派に対して行った空爆で子供2人が死亡していたと認め、「意図せず人命を奪ったことを遺憾に思う」と表明した。

米国が空爆による民間人殺害を認めたのはこれが初めて。

なお、この空爆がホラサーンの戦闘員を標的としてたものか否かなどについて、声明では触れられていない。

AFP, May 22, 2015、AP, May 22, 2015、ARA News, May 22, 2015、Champress, May 22, 2015、al-Hayat, May 23, 2015、Iraqi News, May 22, 2015、Kull-na Shuraka’, May 22, 2015、al-Mada Press, May 22, 2015、Naharnet, May 22, 2015、NNA, May 22, 2015、Reuters, May 22, 2015、SANA, May 22, 2015、UPI, May 22, 2015などをもとに作成。

(C)青山弘之 All rights reserved.