イドリブ県、ハマー県北部でシリア軍とファトフ軍の攻防続く(2015年7月29日)

イドリブ県では、クッルナー・シュラカー(7月29日付)によると、フーア市の国防隊が、フーア市とビンニシュ市間のファトフ軍支配地域に侵攻を試みたが、ファトフ軍がこれを撃退した。

一方、SANA(7月29日付)によると、シリア軍がタッル・ワースィト村、ヒルバト・ナークース村、マンスーラ村などを空爆、ファトフ軍と交戦し、同地を制圧した。

シリア軍はまたザーウィヤ山からガーブ平原にいたる反体制武装集団の兵站路上に位置するダイル丘、バクリー丘を制圧した。

このほか、シリア軍はダブシーヤ村、フライジャート村、ウンム・ジャリーン村、タッル・サラムー村、ハシール北部、ハミーディーヤ村、マルジュ・アフダル村、サルマーニーヤ村、ムシャイリファ村、アアワル丘、フライカ村、カンスフラ村、ジューズィーフ村、バズィート村、ラッジュ村、カストゥーン村、シャーグーリート村、ハーン・シャイフーン市、ハウワーシュ村を空爆し、シャームの民のヌスラ戦線の戦闘員を殺傷、拠点・装備を破壊した。

**

ハマー県では、ドゥラル・シャーミーヤ(7月29日付)によると、ファトフ軍がスカイラビーヤ市を砲撃した。

これに対して、シリア軍ヘリコプターがカルアト・マディーク町に「樽爆弾」、さらには機雷16発を投下、これにより1人が死亡した。

一方、SANA(7月29日付)によると、シリア軍がカルアト・マディーク町で、シリア軍が反体制武装集団と交戦し、複数の戦闘員を殺傷、拠点・装備を破壊した。

シリア軍はまた、マラーナ村、カーヒラ村、アミーカ村、バーブ・ターカ村を空爆し、複数の戦闘員を殺傷、拠点・装備を破壊した。

**

アレッポ県では、『ハヤート』(7月30日付)によると、アブー・アマーラ特殊任務大隊がアレッポ大学理学部数学長のムハンマド・ジャマール・ハマンドゥーシュ博士を暗殺した。

ハマンドゥーシュ博士はバアス党シリア地域指導部メンバーで、アレッポ市治安組織のメンバーだったという。

一方、SANA(7月29日付)によると、アレッポ市旧市街、ライラムーン地区、シャッアール地区、バニー・ザイド地区、ハーリディーヤ地区、ラーシディーン地区、スッカリー地区、シャイフ・サイード地区、シャイフ・ルトフィー村、バーシュカウィー村、ハーン・トゥーマーン村、マンスーラ村、フライターン市、アンダーン市、ヌッブル市およびザフラー町一帯、ナイラブ村近郊で、シリア軍が反体制武装集団と交戦し、シャームの民のヌスラ戦線の戦闘員を殺傷、拠点・装備を破壊した。

**

ダマスカス郊外県では、SANA(7月29日付)によると、ザバダーニー市南部のバラダー街道一帯、北部のカルアト・ザフラー一帯で、シリア軍がレバノンのレジスタンス(ヒズブッラー戦闘員)とともに反体制武装集団と交戦し、戦闘員30人を殲滅した。

また東グータ地方では、アルバイン市、ハムーリーヤ市で、シリア軍が反体制武装集団と交戦し、シャームの民のヌスラ戦線の戦闘員を殺傷、拠点・装備を破壊した。

**

ヒムス県では、SANA(7月29日付)によると、アイン・フサイン村、ヒムス市ワアル地区で、シリア軍が反体制武装集団と交戦し、シャームの民のヌスラ戦線、ファールーク大隊の戦闘員を殺傷、拠点・装備を破壊した。

**

NNA(7月29日付)によると、レバノンのベカーア県バアルベック郡ラブワ村のアイン・シャアブ検問所で、レバノン軍情報局がシリア軍離反兵10人を拘束した。

AFP, July 29, 2015、AP, July 29, 2015、ARA News, July 29, 2015、Champress, July 29, 2015、al-Hayat, July 30, 2015、Iraqi News, July 29, 2015、Kull-na Shuraka’, July 29, 2015、al-Mada Press, July 29, 2015、Naharnet, July 29, 2015、NNA, July 29, 2015、Reuters, July 29, 2015、SANA, July 29, 2015、UPI, July 29, 2015などをもとに作成。

(C)青山弘之 All rights reserved.

カテゴリー: シリア政府の動き, 反体制勢力の動き, 国内の暴力 パーマリンク