イドリブ県、ハマー県北部でシリア軍とファトフ軍の戦闘激化(2015年7月30日)

イドリブ県では、シリア人権監視団によると、シリア軍がサラーキブ市各所を空爆し、子供5人、女性3人を含む16人が死亡した。

シリア軍はまた、ザーウィヤ山のマルイヤーン村、ジスル・シュグール市、カンスフラ村・カフル・ウワイド村間、アリーハー市に対しても空爆を行い、2人が死亡、子供を含む20人弱が負傷した。

一方、SANA(7月30日付)によると、アブー・ズフール町一帯、シャーグーリート村、マルイヤーン村、カンスフラ村、バズィート村、ハムカ村、バシュラームーン村、イシュタブリク村、アウラム・ジャウズ村、マジュダリヤー、アリーハー市、ジスル・シュグール市、スッカリーヤ村、アイン・スーダ村、マルジュ・アフダル村で、シリア軍が反体制武装集団と交戦し、ファトフ軍の戦闘員を殺傷、拠点・装備を破壊した。

このほか、クッルナー・シュラカー(7月30日付)は、反体制武装集団が29日にハーミディーヤ村で、シリア軍兵士らの遺体約70体が遺棄された集団墓地を発見した、と伝えた。

**

ハマー県では、シリア人権監視団によると、サルキーニーヤ市郊外のカルクール村一帯で、シリア軍、国防隊が、ハック旅団、ジュンド・アクサー機構、シャームの民のヌスラ戦線、スンナ軍、アンサール・ディーン戦線、トルキスターン・イスラーム党、アンサール・シャーム、アジュナード・シャーム・イスラーム連合、シャーム軍団、第111歩兵師団、第101歩兵師団、ジャバルの鷹旅団、ガーブの鷹、ジュヌード・シャーム(チェチェン人)、シャーム自由人イスラーム運動などジハード主義武装集団と交戦した。

シリア軍、国防隊はまた、ヒルバト・ナークース村・マンスーラ村間でもジハード主義武装集団と交戦し、ジハード主義武装集団戦闘員2人が死亡した。

シリア軍はさらに、カーヒラ村、アンカーウィー村、クライディーヤ村などガーブ平原北部一帯を空爆した。

一方、SANA(7月30日付)によると、ザクーム村、アンカーウィー村、カフルズィーター、ムーリク東部、カストゥーン村で、シリア軍が反体制武装集団と交戦し、シャームの民のヌスラ戦線の戦闘員を殺傷、拠点・装備を破壊した。

**

ラタキア県では、シリア人権監視団によると、山岳地帯でのジハード主義武装集団との戦闘で、シリア軍兵士2人が死亡した。

一方、SANA(7月30日付)によると、ファルラク森、アザル丘、カンダースィーヤ村、アイドゥー村、フルワ村、カラーキフィー山、スッカリーヤ村で、シリア軍が反体制武装集団と交戦し、複数の戦闘員を殺傷、拠点・装備を破壊した。

**

アレッポ県では、シリア人権監視団によると、アレッポ市アンサーリー地区、マイサル地区、シャイフ・サイード地区をシリア軍が砲撃・空爆する一方、ジハード主義武装集団も手製の迫撃砲で、サブア・バフラート地区、ハーリディーヤ地区などを砲撃した。

**

ダマスカス郊外県では、シリア人権監視団によると、シリア軍第4師団とヒズブッラー戦闘員がザバダーニー市内で、ジハード主義武装集団、地元の武装集団との戦闘を続け、同地一帯を激しく砲撃した。

またザブディーン村にシリア軍が地対地ミサイル2発を撃ち込み、タッル・クルディー町一帯で、ジハード主義武装集団と交戦した。

一方、SANA(7月30日付)によると、ザバダーニー市一帯で、シリア軍がレバノンのレジスタンス(ヒズブッラー戦闘員)とともに、反体制武装集団に対する作戦を継続し、シャームの民のヌスラ戦線の戦闘員を殺傷、装備・拠点を破壊し、市内のバラダー・モスクおよび南西部の建物複数棟を制圧した。

**

ダマスカス県では、シリア人権監視団によると、旧市街のバーブ・トゥーマ広場に、迫撃砲の流れ弾2発が着弾した。

またジャウバル区では、シリア軍、国防隊、秘図ブラー戦闘員が、シャームの民のヌスラ戦線などからなるジハード主義武装集団と交戦した。

**

ダルアー県では、シリア人権監視団によると、カフルシャムス町一帯に対するシリア軍の砲撃により、フルカーン旅団の司令官が死亡した。

またシリア軍が、ヨルダン国境に位置するナスィーブ村を「樽爆弾」で空爆し、男性1人が死亡した。

このほか、ヌアイマ村で、シリア軍とジハード主義武装集団が交戦、ハッラーブ・シャフム村をシリア軍が「樽爆弾」で攻撃した。

一方、SANA(7月30日付)によると、アトマーン村、ダルアー市避難民キャンプ一帯、電力会社南部で、シリア軍が反体制武装集団と交戦し、シャームの民のヌスラ戦線の戦闘員を殺傷、拠点・装備を破壊した。

**

クナイトラ県では、SANA(7月30日付)によると、タルジャナ村、ジャバーター・ハシャブ村、マスハラ村で、シリア軍が反体制武装集団と交戦し、シャームの民のヌスラ戦線、シャーム自由人イスラーム運動、フルカーン旅団の戦闘員を殺傷、拠点・装備を破壊した。

**

ヒムス県では、SANA(7月30日付)によると、タルビーサ市、サワーナ町で、シリア軍が反体制武装集団と交戦し、複数の戦闘員を殺傷、拠点・装備を破壊した。

AFP, July 30, 2015、AP, July 30, 2015、ARA News, July 30, 2015、Champress, July 30, 2015、al-Hayat, July 31, 2015、Iraqi News, July 30, 2015、Kull-na Shuraka’, July 30, 2015、al-Mada Press, July 30, 2015、Naharnet, July 30, 2015、NNA, July 30, 2015、Reuters, July 30, 2015、SANA, July 30, 2015、UPI, July 30, 2015などをもとに作成。

(C)青山弘之 All rights reserved.

カテゴリー: シリア政府の動き, 反体制勢力の動き, 国内の暴力 パーマリンク