ダーイシュ(イスラーム国)がアレッポ県のクワイリス軍事飛行場一帯でシリア軍に対して、また「安全保障地帯」で反体制武装集団に対して攻勢(2015年8月22日)

アレッポ県では、シリア人権監視団によると、クワイリス航空基地一帯で、シリア軍とダーイシュ(イスラーム国)が交戦、シリア軍が同地一帯を空爆した。

また、ARA News(8月23日付)によると、シャーム戦線は、マーリア市でダーイシュ(イスラーム国)内通者を処刑した。

一方、SANA(8月22日付)は、複数の地元消息筋の話として、ダーイシュ(イスラーム国)がマーリア市に対する攻撃で、住宅地区に化学物質を装填した迫撃砲を使用したと伝えた。

複数の活動家はSNSなどで、この攻撃により、複数の住民が呼吸困難などの症状を訴えているとしたうえで、毒ガスが使用された可能性が高いと主張しているという。

なお、マーリア市は、米トルコ両政府が設置合意した「安全地帯」内に位置する反体制武装集団の主要拠点。

また、SANA(8月22日付)によると、マスィービーン、バーブ市一帯、クワイリス航空基地一帯で、シリア軍がダーイシュ(イスラーム国)と交戦し、複数の戦闘員を殺傷、拠点・装備を破壊した。

シリア軍はさらに、クワイリス航空基地一帯、ジャービリーヤ村、ダイル・ハーフィル市を空爆した。

**

ヒムス県では、シリア人権監視団によると、マクサル・ヒサーン村一帯で、シリア軍、国防隊がダーイシュ(イスラーム国)と交戦した。

一方、同監視団は、ダーイシュがタドムル市とカルヤタイン市を制圧して以降、ダーイシュに忠誠を誓った若者の数が数百人に達していると発表した。

他方、SANA(8月22日付)によると、タドムル市、ジャズル・ガス採掘所一帯、ウンム・サフリージュ村、ラッフーム村をシリア軍が攻撃し、ダーイシュ(イスラーム国)の戦闘員を殺傷、拠点・装備を破壊した。

AFP, August 22, 2015、AP, August 22, 2015、ARA News, August 22, 2015、August 23, 2015、Champress, August 22, 2015、al-Hayat, August 23, 2015、Iraqi News, August 22, 2015、Kull-na Shuraka’, August 22, 2015、al-Mada Press, August 22, 2015、Naharnet, August 22, 2015、NNA, August 22, 2015、Reuters, August 22, 2015、SANA, August 22, 2015、UPI, August 22, 2015などをもとに作成。

(C)青山弘之 All rights reserved.

カテゴリー: シリア政府の動き, 反体制勢力の動き, 国内の暴力, 諸外国の動き パーマリンク