2012年12月22日のシリア情勢

国内の暴力

ダマスカス県では、シリア人権監視団によると、カーブーン区で爆弾が仕掛けられた車が爆発し、5人が死亡、数十人が負傷した。

SANA(12月22日付)によると、シリア・アラブ・テレビのカメラマン、ハイダル・サムーディー(1967年生まれ)がカフルスーサ区の自宅前で反体制武装勢力に射殺された。

またSANA(12月22日付)によると、タダームン区で軍が反体制武装勢力と交戦し、多数の戦闘員を殺害した。

**

ハマー県では、ハマー郊外アンサール旅団司令官を名乗るラシード・アブー・フィダーなる活動家が、キリスト教徒が多数住むムハルダ市とスキールビーヤ市の住民に対して、「アサドの悪党とシャッビーハの放逐と、我々の村への砲撃停止のため、役割を果たすよう警告を発する」と脅迫した。

アブー・フィダーは「もしそうしなければ(反体制武装勢力に協力しなければ)、我々はアサドの悪党とシャッビーハのアジトに突入する勇士を送り込むだろう」と両市への攻撃を予告した。

またシリア人権監視団によると、カブル・フィッダ村、ラムラ村などで軍と反体制武装勢力が激しく交戦した。

一方、SANA(12月22日付)によると、軍がカスル・アブー・サムラ市などで軍が反体制武装勢力と交戦し、多数の戦闘員を殺傷した。

**

ヒムス県では、シリア人権監視団によると、クサイル市を軍が空爆・砲撃した。

一方、SANA(12月22日付)によると、ハウラ地方ブルジュ・カーイー村、ヒムス市スルターニーヤ地区、ジャウバル区で軍が反体制武装勢力に対する特殊作戦を行い、多数の戦闘員を殺傷した。

**

ダイル・ザウル県では、シリア人権監視団によると、ブーライル村、ムーハサン市を軍が空爆した。

一方、SANA(12月22日付)によると、ダイル・ザウル市内各所で軍が反体制武装勢力と交戦し、ハドラー大隊、ユーフラテス大隊などを名乗る集団の戦闘員多数を殺傷した。

**

ダマスカス郊外県では、シリア人権監視団によると、ハムーリーヤ市、ズィヤービーヤ町、アルバイン市、ハラスター市などに軍が砲撃を加え、ダーライヤー市では軍と反対武装勢力が交戦した。

一方、SANA(12月22日付)によると、フジャイラ村、ダーライヤー市、ドゥーマー市郊外、アルバイン市、バフダリーヤ市、フサイニーヤ町などで軍が反体制武装勢力の追撃を続け、「アンサールッラー」のメンバーなど多数の戦闘員を殺傷した。

また、軍武装部隊総司令部は声明を出し、シャブアー地方の軍事技術中隊の一つが反体制武装勢力に襲撃され、司令官1人を失いつつも応戦・撃退した、と発表した。

**

アレッポ県では、SANA(12月22日付)によると、アターリブ市、タカード村、サフィーラ市、タッル・ズィーターン市、ワディーヒー村、フライターン市、アレッポ市シャッアール地区、ブスターン・バーシャー地区、イシャーラート地区などで軍が反体制武装勢力と交戦し、多数の戦闘員を殺傷した。

**

イドリブ県では、SANA(12月22日付)によると、ガッサーニーヤ村、タフタナーズ市、タヒーラ市、マアーッラ・ニウサーン市、ビンニシュ市、アリーハー市などで、軍が反体制武装勢力の拠点を攻撃し、多数の戦闘員を殺傷した。

**

ラタキア県では、SANA(12月22日付)によると、ルバイア地方サラヤー村で軍が反体制武装勢力のアジトを攻撃破壊、戦闘員を殲滅、装備を破壊した。

国内の動き(シリア政府の動き)

12月5日に逝去したイグナティウス4世ハズィームの後任として東方正教会アンタキア総主教に選出されたヨハネ10世ヤーズジーはダマスカスで就任後初の記者会見を開き、「我らキリスト教徒はこの国に残る…。我々は常に自らの国の民、そして祖国とともにあった。外国人に立ち向かうとき、市民権や祖国の意味を悟る。ときにそうした外国人はキリスト教徒だった」と述べた。

SANA, December 22, 2012

SANA, December 22, 2012

**

OTV(12月22日付)は、ジハード・マクディスィー前外務在外居住者省報道官がベイルートに滞在していると報じた。

反体制勢力の動き

ヨルダンのサラフィー主義潮流のアブドゥルカーディル・シハーダ(アビー・ムハンマド・タフターウィー)は、21日にダルアー県での戦闘でマフムード・アブー・タビーフが死亡したと発表した。

アブー・タビーフはザルカー県出身のヨルダン人サラフィー主義者。

UPI(12月22日付)が報じた。

**

シリア国民評議会は、シリア国内の紛争が「宗派的」様相を帯びてきたとした国連の国際調査委員会の報告に対して、「シリア革命は宗派的でなく、無血だ…。シリア社会が直面している唯一の分断は、殺人的体制…と、自由と平等を求める人々の社会の間の分裂だ」と述べた。

**

元在シリア・イラク大使のナウワーフ・ファーリスは滞在先のカタールで『ハヤート』(12月23日付)に対して、「アサド政権の同盟者たちは体制が終わったと考えるようになったが、シリアにとってもっとも危険なのは体制崩壊後だ」と述べた。

また「シリア革命反体制勢力国民連立が国際社会においてシリアに資する正しい決定に立脚できなければ、シリア国民にとって大災難だ」としたうえで、「国内と連携し、国民の意思を反映すれば、いかなる勢力も同連合に意見を押し付けることはできない」と強調し、同連合が外国の影響下にないと断じた。

一方、ファーリスは、体制転換後に新政党を作る意思があることを明らかにした。

レバノンの動き

ナハールネット(12月22日付)は、ヒムス県タッルカラフ地方でシリア軍によって殺害されたレバノン人サラフィー主義者の遺体3体をシリア当局がレバノン側に引き渡した、と報じた

諸外国の動き

SANA(12月22日付)は、トルコのハタイ県(シリア領アレキサンドレッタ地方)アンタキア市で、数千人の市民がAKPの対シリア政策やNATOによるパトリオット・ミサイル配備に反対するデモを行った、と報じた。

SANA, December 22, 2012

SANA, December 22, 2012

al-Hayat, December 23, 2012

al-Hayat, December 23, 2012

**

ロシアのセルゲイ・ラヴロフ外務大臣は、「シリアの内戦は座礁に乗り上げており、アサド大統領を退任させようとする国々の努力は失敗に終わるだろう」と述べた。

AFP, December 22, 2012、Akhbār al-Sharq, December 22, 2012、al-Ḥayāt, December 23, 2012、Kull-nā Shurakā’, December 22, 2012、al-Kurdīya News,
December 22, 2012、Naharnet, December 22, 2012、OTV, December 22, 2012、Reuters,
December 22, 2012、SANA, December 22, 2012、UPI, December 22, 2012などをもとに作成。

(C)青山弘之 All rights reserved.

カテゴリー: シリア政府の動き, レバノンの動き, 反体制勢力の動き, 国内の暴力, 諸外国の動き パーマリンク