ロシアのラヴロフ外相が民主的変革調整委員会、変革解放人民戦線、PYDの代表と会談(2015年8月31日)

ロシア外務省報道官は、セルゲイ・ラブロフ外務大臣がモスクワ訪問中の反体制組織代表らと会談し、シリア政府と反体制派の和平交渉「ジュネーブ3」開催に向けて意見を交わした、と発表した。

ラヴロフ外務大臣と会談したのは、民主的変革国民調整委員会代表のハサン・アブドゥルアズィーム弁護士、変革解放人民戦線代表のカドリー・ジャミール前副首相(在モスクワ)、民主連合党(PYD)のハーリド・イーサー氏、シリア・アッシリア連合のナムルード・スライマーン氏。

SANA(8月31日付)などが伝えた。

**

シリア国内で活動する反体制組織の国民民主的行動委員会(民主的変革国民調整委員会の元メンバーのマフムード・マルイー氏が事務局長)は声明を出し、同委員会を含む国内の野党、反体制組織が、「ジュネーブ3」に参加する国内の反体制派代表を選出したと発表し、スタファン・デミストゥラ・シリア問題担当国連アラブ連盟共同特別代表にその旨報告することを明らかにした。

国内の野党・反体制派の代表選出に参加したのは、国民民主的行動委員会、反暴力・テロシリア人連合、国民青年党、シリア栄光潮流、国民ブロック諸勢力連立、ナウワーフ・マナード・ファーリス(部族代表)、シリア国民潮流、「手に手をとって」シリア人女性連合、自由主義潮流、自由人開発運動、民主主義のためのシリア人、ファフル・ザイダーン、ヴィクトゥール・ハンナー。

合意がダマスカス県になる国民民主行動委員会本部で29日に開かれた会合でなされたという

『ワタン』(8月31日付)が伝えた。

AFP, August 31, 2015、AP, August 31, 2015、ARA News, August 31, 2015、Champress, August 31, 2015、al-Hayat, September 1, 2015、Iraqi News, August 31, 2015、Kull-na Shuraka’, August 31, 2015、al-Mada Press, August 31, 2015、Naharnet, August 31, 2015、NNA, August 31, 2015、Reuters, August 31, 2015、SANA, August 31, 2015、UPI, August 31, 2015、al-Watan, August 31, 2015などをもとに作成。

(C)青山弘之 All rights reserved.

カテゴリー: シリア政府の動き, 反体制勢力の動き, 国内の暴力, 諸外国の動き パーマリンク