2012年12月15日のシリア情勢

シリア政府の動き

国連のバレリー・アモス人道問題担当事務次長はシリアを訪問し、ワリード・ムアッリム外務在外居住者大臣と会談した。

SANA(12月15日付)によると、会談でムアッリム大臣は、シリア国民の惨状は欧米諸国による経済制裁によるものだとしたうえで、「これらの国々の制裁を非難し、その解除を求める」よう伝えた。

SANA, December 15, 2012

SANA, December 15, 2012

一方、アモス副理事長は、ダマスカスの国連事務所がシリア政府との調整のもとに人道支援を継続すると伝えた、という。

**

『リワー』(12月15日付)は、政権を離反したとされるジハード・マクディスィー外務在外居住者省報道官のもとに、アサド大統領がアリー・ハイダル国民和解問題担当国務大臣を派遣したと報じた。

同報道によると、マクディスィー次官はベイルートに滞在している、という。

国内の暴力

ダマスカス県では、シリア人権監視団によると、ヤルムーク区で軍とパレスチナ人民兵が反体制武装勢力と交戦した。

またカダム区では、2度爆発があり、ヤルムーク区とバルザ区では砲撃があった。

**

ダマスカス郊外県では、シリア人権監視団によると、バイト・スィヒム市、ムウダミーヤト・シャーム市を軍が空爆・砲撃した。またダーライヤー市に軍の増援部隊が派遣された。

一方、SANA(12月15日付)によると、ズィヤービーヤ町、フジャイラ村、フサイニーヤ町などで、軍が反体制武装勢力を追撃、ダーライヤー市、ハラスター市などで特殊作戦を実施、外国人戦闘員を含む多数の戦闘員を殺傷、装備を破壊した。

**

アレッポ県では、SANA(12月15日付)によると、ムスリミーヤ村、アナダーン市、ズィルバ村、アアザーズ市、アレッポ市スッカリー地区、シャイフ・ルトフィー地区、マルジャ地区、ブスターン・バーシャー地区、ライラムーン地区などで軍が反体制武装勢力の拠点を攻撃し、多数の戦闘員を殺傷、装備を破壊した。

タウヒード旅団は、アレッポ市北部の士官学校攻撃に参加していた司令官の一人アブー・フラート(ユーズフ・ジャーディル大佐)が死亡した、と発表した。

アブー・フラートは離反前は機甲師団の司令官を務め、離反後アレッポ市サラーフッディーン地区、サイフ・ダウラ地区などでの破壊工作(解放作戦)に参加していた。

AFP(12月15日付)が報じた。

**

ハマー県では、SANA(12月15日付)によると、サラミーヤ市郊外で軍が反体制武装勢力と交戦し、多数の戦闘員を殺傷した。

**

ヒムス県では、シリア人権監視団によると、ヒムス市が軍の空爆を受けた。

一方、SANA(12月15日付)によると、ラスタン市で、軍が反体制武装勢力に対する特殊作戦を実施し、多数の戦闘員を殺傷、装備を破壊した。

反体制武装勢力の動き

AFP(12月15日付)によると、アブドゥー・フサームッディーン元石油資源省次官が記者会見を開き、アンマンでシリア国家機関就労者自由国民連合なる組織の発足が宣言された。

フサームッディーン元石油資源省次官によると、同連合は、体制崩壊時に約150万人に達すると推計される公務員を保護することを目的とし、リヤード・ファリード・ヒジャーブ前首相を議長とし、本部をドーハに設置する、という。

発足会合では、元公務員約30人とシリア革命反体制勢力国民連立のメンバーが参加した、という。

**

民主的変革諸勢力国民調整諸委員会は声明を出し、ハイサム・マンナーア在外局長と民主連合党を除名したとの一部報道を否定した。

**

ヨルダンのサラフィー主義武装集団の指導者アビー・ムハンマド・タフターウィーは、ダマスカス県カフルスーサ区の内務省施設を狙った連続爆弾テロの実行犯の葬儀(ヨルダンのブクア・キャンプで実施)で、シャームの民のヌスラ戦線に、「進め。汝らはアッラーとともにある…。ヌスラ戦線はシャームを解放し、そこからテルアビブの中心部に進軍する」と述べ、イスラエルへの攻撃を呼びかけた。

クルド民族主義勢力の動き

クルディーヤ・ニュース(12月15日付)は、シリア・クルド国民評議会を構成する4党がクルド民主政治連合を発足したと報じた。

シリア・クルド民主政治連合は、シリア・クルド民主党(アル・パールティ)アブドゥルハキーム・バッシャール派、シリア・クルド・イェキーティー党、シリア・クルド・アーザーディー党ムスタファー・ジュムア派、同ムスタファー・ウースー派からなる。

発足声明を発表したシリア・クルド・イェキーティー党のイスマーイール・ハンムーによると、連合の結成は、統一政党発足のための移行段階に過ぎない、という。

レバノンの動き

ナジーブ・ミーカーティー首相は、シリア司法当局によるとサアド・ハリーリー前首相とウカーブ・サクル国民議会議員への逮捕状発行に関して、「政治的であり法的に無効」だと述べた。

**

NNA(12月15日付)は、北部県アッカール郡ワーディー・ハーリド地方で、シリア領から迫撃・銃撃があり、住民が一時避難したと報じた。

パレスチナ人の動き

シリアの複数の反体制活動家とパレスチナ筋によると、PFLP-GCのアフマド・ジブリール書記長が息子とともにダマスカス県ヤルムーク区からタルトゥース市に避難した。

ロイター通信(12月15日付)が報じた。

諸外国の動き

イラン学生通信(12月15日付)は、イラン軍のハサン・フェイルーズ・アバーディー参謀長がNATOによるトルコへのパトリオット・ミサイル配備に関して、「世界大戦をもたらし得る」と批判した、と報じた。

**

NATOのジェームス・スタビリディス欧州軍最高司令官のは、「数日前、シリア領内で政府によりスカッド・ミサイルが反体制武装勢力を標的として発射され、数発がトルコ国境から非常に近い場所に着弾した。これは非常に懸念すべき事態だ」と述べた。

そのうえで「シリアは混沌とした危機的状況になる。しかし我々は、NATO加盟国国境の防衛を毅然と行わねばならない」と述べ、スカッド・ミサイルの着弾をパトリオット・ミサイル配備と結びつけようとした。

AFP, December 15, 2012、Akhbār al-Sharq, December 15, 2012、al-Ḥayāt, December 16, 2012、Kull-nā Shurakā’, December 15, 2012、al-Kurdīya News,
December 15, 2012、al-Liwā’, December 15, 2012、Naharnet, December 15, 2012、NNA, December 15, 2012、Reuters,
December 15, 2012、SANA, December 15, 2012、UPI, December 15, 2012などをもとに作成。

(C)青山弘之 All rights reserved.

カテゴリー: シリア政府の動き, レバノンの動き, 反体制勢力の動き, 国内の暴力, 諸外国の動き パーマリンク