シリア軍がザバダーニー市(ダマスカス郊外県)のバイト・ダーラーティー地区を制圧(2015年9月5日)

ダマスカス県では、SANA(9月5日付)によると、シリア軍がレバノンのレジスタンス(ヒズブッラー戦闘員)とともにザバダーニー市での作戦を継続し、バイト・ダーラーティー地区を制圧した。

シリア軍はまた、マルジュ・スルターン村で、シャームの民のヌスラ戦線拠点に対する特殊作戦を行い、チェチェン人を含む戦闘員5人を殲滅したほか、ザマルカー町でもイスラーム軍の車輌を破壊、戦闘員5人を殺害した。

さらにハムーリーヤ市農場地帯、ドゥーマー市、ザブディーン村農場地帯、ダーライヤー市でも、シリア軍が反体制武装集団と交戦し、アジュナード・シャーム・イスラーム連合、イスラーム殉教者旅団の戦闘員を殺傷、拠点・装備を破壊した。

一方、シリア人権監視団によると、シリア軍第4師団、国防隊、ヒズブッラー戦闘員、パレスチナ解放軍がザバダーニー市内でジハード主義武装集団、地元武装集団と交戦を続けた。

シリア軍はまた、ハラスター市の車輌管理局一帯でシャームの民のヌスラ戦線などジハード主義武装集団と交戦したほか、ザブディーン村、アルバイーン市に対して空爆を行った。

**

ダマスカス県では、シリア人権監視団によると、ジャウバル区をシリア軍が4回にわたり空爆した。

**

イドリブ県では、シリア人権監視団によると、ファトフ軍が包囲を続けるフーア市、カファルヤー町一帯での戦闘で死亡した18歳未満の国防隊などの隊員の数が9人にのぼった。

一方、SANA(9月5日付)によると、アブー・ズフール町一帯、ハシール村、マジャース村、ファッティーラ村、カンスフラ村一帯、マウザラ村、ジューズィフ村をシリア軍が空爆し、シャームの民のヌスラ戦線、シャーム自由人イスラーム運動の戦闘員を殺傷、拠点・装備を破壊した。

シリア軍はまた、ムハムビル市・フライカ村間で、ヌスラ戦線と交戦し、戦闘員11人を殲滅した。

**

アレッポ県では、シリア人権監視団によると、バーシュカウィー村、ハンダラート・キャンプ一帯で、シリア軍がジハード主義武装集団と交戦した。

一方、SANA(9月5日付)によると、アレッポ市北部郊外のタッル・ファーウーリー村、スバイヒーヤ村、ジャッブール村、アレッポ市ラーシディーン地区、サーフール地区、サラーフッディーン地区、カッラーサ地区、ライラムーン地区などで、シリア軍が反体制武装集団と交戦し、複数の戦闘員を殺傷、拠点・装備を破壊した。

他方、ARA News(9月5日付)によると、アレッポ・ファトフ作戦司令室がナイラブ航空基地を攻撃した。

**

ヒムス県では、シリア人権監視団によると、シリア軍がヒムス県ワアル地区(第7)を砲撃し、ジハード主義武装集団戦闘員3人を含む4人が死亡した。

一方、SANA(9月5日付)によると、ダール・カビーラ村、ハッターブ村、サアン・アスワド村で、シリア軍が反体制武装集団と交戦し、シャームの民のヌスラ戦線の戦闘員を殺傷、拠点・装備を破壊した。

**

ハマー県では、シリア人権監視団によると、シリア軍がラターミナ町、カフルズィーター市、カーヒラ村、アンカーウィー村、クライディーン村、ジャズラム丘を空爆した。

一方、SANA(9月5日付)によると、シリア軍がアンカーウィー村、クライディーン村、カストゥーン村、ダクマーク村、ハミーディーヤ村、マンスーラ村、ザクーム村を空爆し、複数の戦闘員を殺傷、拠点・装備を破壊した。

**

クナイトラ県では、SANA(9月5日付)によると、ハミーディーヤ村・タルナジャ村間で、シリア軍が反体制武装集団と交戦し、シャームの民のヌスラ戦線の戦闘員を殺傷、拠点・装備を破壊した。

AFP, September 5, 2015、AP, September 5, 2015、ARA News, September 5, 2015、Champress, September 5, 2015、al-Hayat, September 6, 2015、Iraqi News, September 5, 2015、Kull-na Shuraka’, September 5, 2015、al-Mada Press, September 5, 2015、Naharnet, September 5, 2015、NNA, September 5, 2015、Reuters, September 5, 2015、SANA, September 5, 2015、UPI, September 5, 2015などをもとに作成。

(C)青山弘之 All rights reserved.

カテゴリー: シリア政府の動き, 反体制勢力の動き, 国内の暴力 パーマリンク