アレッポ県北部の「安全保障地帯」でダーイシュ(イスラーム国)と反体制武装集団の戦闘が続くなか、「穏健な反体制派」のシャーム戦線は、米軍の軍事教練を受けた「第30師団はいない」と主張(2015年9月5日)

アレッポ県では、シリア人権監視団によると、米トルコ両政府が設置合意したとされる「安全地帯」における反体制武装集団の拠点都市マーリア市一帯で、ダーイシュ(イスラーム国)と反体制武装集団が戦闘を続け、ダーイシュ戦闘員27人と、反体制武装集団側20人が死亡した。

双方の戦闘が続くなか、有志連合はマーリア市近郊のタラーリーン村を空爆した。

有志連合はまた、ダーイシュの支配下にあるダイル・ハーフィル市に対しても空爆を行った。

一方、ダーイシュに対する戦闘を主導していると思われるジハード主義武装集団の連合組織のシャーム戦線は、米国の軍事教練を受け、マーリア市に進駐したとされる第30師団が「安全地帯」に展開していないと発表した。

第30師団は、同地への進駐を拒否していたアル=カーイダ系組織のシャームの民のヌスラ戦線との調整の末、マーリア市に進駐し、ダーイシュとの戦いを開始したと主張していた。

こうしたなか、AKI(9月5日付)は、複数の外交筋の情報として、米軍の軍事教練を受けた第30師団を監督する上級士官(離反士官)が、今年末までに1,500人の戦闘員をシリア領内に派遣することをめざしていることを明らかにしたと伝えた。

このほか、SANA(9月5日付)によると、航空士官学校一帯、アルバイド村、ナアーム丘一帯、タッル・イスタブル村などで、シリア軍がダーイシュ(イスラーム国)と交戦し、複数の戦闘員を殺傷、拠点・装備を破壊した。

**

ラッカ県では、シリア人権監視団によると、ラッカ市郊外の第17師団基地を有志連合が空爆した。

**

ヒムス県では、シリア人権監視団によると、シャーイル・ガス採掘所一帯、ジャズル・ガス採掘所一帯でシリア軍とダーイシュ(イスラーム国)が交戦する一方、シリア軍がカルヤタイン市を空爆した。

また、SANA(9月5日付)によると、シリア軍は、ジャズル・ガス採掘所一帯を空爆するとともに、国防隊とともにダーイシュと交戦し、複数の戦闘員を殺傷、拠点・装備を破壊した。

一方、ダーイシュからイスラーム教徒への改宗か、ジズヤ支払いか、退去のいずれかの選択を迫まられていたカルヤタイン市住民のうち、女性、子供約15人が同市から退去し、ダーイシュ支配地域の外に到着した。

他方、ダーイシュ(イスラーム国)ヒムス州は、カルヤタイン市でのシリア軍との戦闘で、ヨルダン人司令官のハーズィム・ムナイズィル・アブー・ルンマーン氏(アブー・カアカーア)が死亡したと発表した。

**

スワイダー県では、SANA(9月5日付)によると、サアド村一帯で、シリア軍がダーイシュ(イスラーム国)と交戦し、複数の戦闘員を殺傷、拠点・装備を破壊した。

**

ハサカ県では、シリア人権監視団によると、有志連合がタッル・ブラーク町南部郊外のダーイシュ(イスラーム国)支配地域を空爆した。

**

ダルアー県では、シリア人権監視団によると、ダーイシュ(イスラーム国)に忠誠を誓うヤルムーク殉教者旅団と、アル=カーイダ系組織のシャームの民のヌスラ戦線などからなる反体制武装集団がサフム・ジャウラーン村一帯で交戦した。

AFP, September 5, 2015、AKI, September 5, 2015、AP, September 5, 2015、ARA News, September 5, 2015、Champress, September 5, 2015、al-Hayat, September 6, 2015、Iraqi News, September 5, 2015、Kull-na Shuraka’, September 5, 2015、al-Mada Press, September 5, 2015、Naharnet, September 5, 2015、NNA, September 5, 2015、Reuters, September 5, 2015、SANA, September 5, 2015、UPI, September 5, 2015などをもとに作成。

(C)青山弘之 All rights reserved.

カテゴリー: シリア政府の動き, 反体制勢力の動き, 国内の暴力, 諸外国の動き パーマリンク