ハマー県、イドリブ県、ダマスカス郊外県でのシリア軍とジハード主義武装集団の戦闘続く(2015年9月6日)

ヒムス県では、シリア人権監視団によると、ラスタン市一帯、サアン・アスワド村一帯で、シリア軍、国防隊がシャームの民のヌスラ戦線などからなるジハード主義武装集団と激しく交戦、またヒムス市ワアル地区ではシリア軍による砲撃が続いた。

一方、マズラア町出身のシーア派武装集団がヒムス市クスール地区のハール市場を襲撃し、住民や商店主に罵倒を浴びせたり、暴行を加え、身分証明書や金品を略奪した。

他方、SANA(9月6日付)によると、アブー・サナースィル丘、ラスタン市郊外で、シリア軍が反体制武装集団と交戦し、シャームの民のヌスラ戦線などの戦闘員を殺傷、拠点・装備を破壊した。

**

ハマー県では、シリア人権監視団によると、サラミーヤ市郊外のカーファート村一帯にジハード主義武装集団が進攻し、シリア軍、国防隊と交戦した。

シリア軍はまた、県南部のジャルニーヤト・アースィー村などを砲撃した。

シリア軍はさらに、県北部ガーブ平原のマンスーラ村、カーヒラ村、ジャズラム丘、ハウワーシュ村、カフルズィーター市、カストゥーン村を「樽爆弾」などで空爆した。

一方、SANA(9月6日付)によると、マンスーラ村、タッル・ワースィト村、カストゥーン村、ジナーン村をシリア軍が空爆し、ファトフ軍の戦闘員を殺傷、拠点・装備を破壊した。

シリア軍はまた、サラミーヤ市郊外のサマーフ村近郊の哨所を襲撃しようとした反体制武装集団と交戦、これを撃退した。

**

イドリブ県では、シリア人権監視団によると、アブー・ズフール町一帯、マルイヤーン村、ラーミー村、アリーハー市をシリア軍が空爆し、アリーハー市で30人が死傷した。

またファトフ軍の包囲が続くフーア市、カファルヤー町一帯では、国防隊、人民諸委員会がヒズブッラーの指揮下でファトフ軍と交戦した。

一方、SANA(9月6日付)によると、シリア軍がハシール村、ウンム・ジャリーン村、タッル・サラムー村、マジャース村、アブー・ズフール町一帯、カンスフラ村、イブリーン村、カルクール村、ムハムバル村、フライカ村、アリーハー市を空爆し、ファトフ軍の戦闘員を殺傷、拠点・装備を破壊した。

**

アレッポ県では、シリア人権監視団によると、アレッポ市西部の科学研究センター施設、ビニャーミーン村一帯で、シリア軍、ヒズブッラー特殊部隊が山地の鷹旅団、ヌールッディーン・ザンキー運動、イスラーム自由旅団などと交戦し、シリア軍がラーシディーン地区を砲撃した。

一方、SANA(9月6日付)によると、バッラート村、トゥライディム村、ジュッブ・サファー村、アレッポ市ジュダイダ地区、ラーシディーン地区、ライラムーン地区、サーフール地区、シャイフ・サイード地区、バニー・ザイド地区、ブスターン・バーシャー地区、サラーフッディーン地区、ザフラー地区で、シリア軍が反体制武装集団と交戦し、複数の戦闘員を殺傷、拠点・装備を破壊した。

**

ダマスカス郊外県では、シリア人権監視団によると、シリア軍がダーライヤー市各所を空爆、またドゥーマー市でジハード主義武装集団と交戦した。

またザバダーニー市でも、シリア軍による砲撃が続き、市内では第4師団、国防隊、ヒズブッラー戦闘員、パレスチナ解放軍が、アル=カーイダ系組織のシャームの民のヌスラ戦線などジハード主義武装集団、地元武装集団と交戦した。

この戦闘で、アジュナード・シャーム・イスラーム連合の司令官(アブー・アーミル)がダーライヤー市で戦死し、同連合は弔意を示した。

一方、SANA(9月6日付)によると、シリア軍がレバノンのレジスタンス(ヒズブッラー)とともに、ザバダーニー市内での掃討作戦を続け、反体制武装集団の拠点を攻撃、破壊し、ナーブーア地区の複数の建物群を制圧した。

シリア軍はまた、ハルファー村に潜入しようとしたシャームの民のヌスラ戦線を撃退した。

**

クナイトラ県では、SANA(9月6日付)によると、ハミーディーヤ村、フッリーヤ村、ウーファーニヤー村からハーン・アルナバ市に潜入しようとした反体制武装集団をシリア軍、人民防衛諸組織が撃退した。

**

ダルアー県では、SANA(9月6日付)によると、ダルアー市Syriatelビル一帯、バジャービジャ地区北部で、シリア軍が反体制武装集団と交戦し、シャームの民のヌスラ戦線の戦闘員を殺傷、拠点・装備を破壊した。

**

ラタキア県では、SANA(9月6日付)によると、シリア軍がダルーシャーン村で反体制武装集団を攻撃し、4人を殺害、22人を負傷させ、武器、装備を破壊した。

**

ダマスカス県では、クッルナー・シュラカー(9月7日付)によると、6日晩、第4師団の士官がウマウィーイーン広場の検問所を通過しようとした際、軍事情報局士官と口論となり、その場に居合わせた第4師団と軍事情報局隊員が撃ち合いとなり、2人が死亡、多数が負傷した。

AFP, September 6, 2015、AP, September 6, 2015、ARA News, September 6, 2015、Champress, September 6, 2015、al-Hayat, September 7, 2015、Iraqi News, September 6, 2015、Kull-na Shuraka’, September 6, 2015、September 7, 2015、al-Mada Press, September 6, 2015、Naharnet, September 6, 2015、NNA, September 6, 2015、Reuters, September 6, 2015、SANA, September 6, 2015、UPI, September 6, 2015などをもとに作成。

(C)青山弘之 All rights reserved.

カテゴリー: シリア政府の動き, 反体制勢力の動き, 国内の暴力 パーマリンク