「マシャーイフ・カラーマ」の新指導者は、アラブ山を解放区に設定するとの声明第1号との関係を否定(2015年9月6日)

ワヒード・バルウース師の死去に伴い「マシャーイフ・カラーマ」の新指導者に任命されたサイード・バルウース師はクッルナー・シュラカー(9月7日付)の取材に対し、アラブ山で「解放区」の設立を宣言した「マシャーイフ・カラーマ」の第1号声明(6日)に関して、「我々はこれまでに出されたいかなる声明とも無関係だ。今までに我々は、今後に関する我々の見解を示すいかなる声明も発表していない」と怒りを込めて答えた。

AFP, September 6, 2015、AP, September 6, 2015、ARA News, September 6, 2015、Champress, September 6, 2015、al-Hayat, September 7, 2015、Iraqi News, September 6, 2015、Kull-na Shuraka’, September 6, 2015、al-Mada Press, September 6, 2015、Naharnet, September 6, 2015、NNA, September 6, 2015、Reuters, September 6, 2015、SANA, September 6, 2015、UPI, September 6, 2015などをもとに作成。

(C)青山弘之 All rights reserved.

カテゴリー: 反体制勢力の動き, 国内の暴力 パーマリンク