ダーイシュ(イスラーム国)がヒムス県中部のジャズル・ガス田一帯を完全制圧か?(2015年9月6日)

アレッポ県では、シリア人権監視団によると、米トルコ両政府が設置合意したとされる「安全地帯」にあるハワール・キッリス村一帯で、ダーイシュ(イスラーム国)とジハード主義武装集団が交戦した。

また有志連合がスィッリーン町郊外のムライハ村一帯のダーイシュ拠点などを空爆した。

一方、ARA News(9月7日付)によると、ダーイシュ(イスラーム国)がアレッポ県の拠点都市の一つであるバーブ市で、クルド人男性2人(活動家)を処刑した。

このほか、SANA(9月6日付)によると、航空士官学校一帯、アルバイド村で、シリア軍がダーイシュ(イスラーム国)と交戦し、複数の戦闘員を殺傷、拠点・装備を破壊した。

**

ラッカ県では、シリア人権監視団によると、ダーイシュ(イスラーム国)ラッカ州の宗教警察(ヒスバ)が「顎髭を剃った」との理由で若者2人を逮捕した。

またクッルナー・シュラカー(9月6日付)などによると、ラッカ州教育局のアブー・ワドル局長が、義務教育制度を実施することを決定した。

**

ヒムス県では、クッルナー・シュラカー(9月6日付)によると、ダーイシュ(イスラーム国)ヒムス州広報局が、ジャズル・ガス採掘所を要するジャズル村を完全制圧したと発表した。

ダーイシュは4日からジャズル・ガス採掘所一帯への攻勢を強めていた。

一方、SANA(9月6日付)によると、タドムル市、ジャズル・ガス採掘所一帯、ジュッブ・ジャッラーフ村郊外で、シリア軍がダーイシュ(イスラーム国)と交戦し、複数の戦闘員を殺傷、拠点・装備を破壊した。

**

米中央軍(CENTCOM)は、9月6日にシリア、イラク領内のダーイシュ(イスラーム国)拠点などに対して15回の空爆を行ったと発表した。

このうちシリア領内での空爆は4回におよび、ラッカ市近郊(1回)、マーリア市近郊(1回)、タマフ村(アレッポ県バーブ市近郊のウンム・タマフ村のこと)近郊(2回)のダーイシュに対して攻撃が行われたという。

AFP, September 6, 2015、AP, September 6, 2015、ARA News, September 6, 2015、Champress, September 6, 2015、al-Hayat, September 7, 2015、Iraqi News, September 6, 2015、Kull-na Shuraka’, September 6, 2015、al-Mada Press, September 6, 2015、Naharnet, September 6, 2015、NNA, September 6, 2015、Reuters, September 6, 2015、SANA, September 6, 2015、UPI, September 6, 2015などをもとに作成。

(C)青山弘之 All rights reserved.

カテゴリー: シリア政府の動き, 反体制勢力の動き, 国内の暴力, 諸外国の動き パーマリンク