イスラーム軍がダマスカス郊外県のサイドナーヤー刑務所(ダマスカス中央刑務所)内の一部と隣接するタッル・クルディー町農場地帯を制圧か?(2015年9月11日)

ダマスカス郊外県では、クッルナー・シュラカー(9月11日付)によると、イスラーム軍が、サイドナーヤー刑務所(ダマスカス中央刑務所)内の女性棟の一部に突入、その後タッル・クルディー町一帯でシリア軍と交戦し、シリア軍兵士数十人を殲滅、同町を制圧したと発表した。

なお、イスラーム軍によると、この戦闘で、イスラーム軍元報道官のアブドゥッラフマーン・シャーミー大尉(アブー・ムハンマド・ハマウィー)が戦死した。

Kull-na Shuraka', September 11, 2015

Kull-na Shuraka’, September 11, 2015

Kull-na Shuraka', September 11, 2015

Kull-na Shuraka’, September 11, 2015

 

シリア人権監視団、マサール・プレス(9月11日付)などもイスラーム軍が、サイドナーヤー刑務所に隣接するタッル・クルディー町一帯と国際幹線道路一帯に進攻し、これを制圧したと発表・報道した。

同監視団によると、イスラーム軍はサイドナーヤー刑務所内の女性棟2棟を制圧したが、シリア軍の空爆が激化し撤退したとの情報も流れているという(シリア人権監視団はその後(13日)、タッル・クルディー町農場地帯、ダマスカス中央刑務所(サイドナーヤー刑務所)一帯でのイスラーム軍の侵攻により、シリア軍兵士・国防隊隊員12人が死亡したと発表した)。

しかし、SANA(9月11日付)は、シリア軍が、アドラー刑務所(ダマスカス中央刑務所)一帯および隣接するタッル・クルディー町農場地帯に潜入しようとしたイスラーム軍と交戦、これを撃退したと伝えた。

現地で取材を続けるSANA特派員らは、ハラスター市のハラスター病院やタッル・クルディー町農場地帯をイスラーム軍が制圧するとした一部報道が「事実無根」であることを確認したという。

一方、シリア人権監視団によると、ジハード主義武装集団は、ハラスター市のハラスター軍事病院、ダーヒヤト・アサド橋一帯でもシリア軍と交戦しているという。

また、マサール・プレス(9月11日付)によると、反体制武装集団はザバダーニー市近郊のブルーダーン村にあるシリア軍検問所2カ所を攻撃し、シリア軍兵士20人以上を殲滅した。

これに対して、シリア軍はマダーヤー町を砲撃、またザダバーニー市内では、第4師団、国防隊、ヒズブッラー戦闘員、パレスチナ解放軍がジハード主義武装集団、地元武装集団との戦闘を続けたという。

また、ARA News(9月11日付)は、シャームの民のヌスラ戦線が、自由シリア軍の複数の部隊とともに、ザバダーニー市周辺のシリア軍、ヒズブッラーの拠点を砲撃し、シリア軍兵士18人、ヒズブッラー戦闘員7人を殺害したと伝えた。

これに対して、SANAは、シリア軍がレバノンのレジスタンス(ヒズブッラー)とともにザバダーニー市で掃討作戦を続け、ナーブーア地区・アーラ地区間の複数の建物群を制圧したと伝えた。

他方、クッルナー・シュラカー(9月11日付)は、10日にダマスカス郊外県東グータ地方で発生したジハード主義武装集団どうしの交戦に関して、シャーム解放軍(フィラース・ビータール大尉が指導)が、イスラーム軍によってルハイバ市の拠点を襲撃され、メンバーを殺害されたとする声明を出した、と伝えた。

**

イドリブ県では、シリア人権監視団によると、シリア軍がアブー・ズフール航空基地内のシャームの民のヌスラ戦線などファトフ軍所属組織の拠点複数カ所を空爆した。

これに対して、シャーム自由人イスラーム運動、ヌスラ戦線らは、フーア市、カファルヤー町に対して砲撃を続けた。

また、クッルナー・シュラカー(9月11日付)によると、サルキーン市入り口で、爆弾が仕掛けられた車が爆発し、10人以上が負傷した。

**

ダルアー県では、シリア人権監視団によると、ダーイシュ(イスラーム国)に忠誠を誓うヤルムーク殉教者旅団とシャームの民のヌスラ戦線などからなるジハード主義武装集団が、カウカブ・ダム一帯で交戦した。

**

ラタキア県では、SANA(9月11日付)によると、シリア軍がカビール村で反体制武装集団と交戦し、複数の戦闘員を殺傷、拠点・装備を破壊した。

戦闘員16人(シャームの民のヌスラ戦線、海岸自由人旅団、スルターン・アブドゥルハミード旅団など)

**

クナイトラ県では、SANA(9月11日付)によると、ジャバーター・ハシャブ村で、シリア軍が反体制武装集団と交戦し、シャームの民のヌスラ戦線の戦闘員を殺傷、拠点・装備を破壊した。

**

ヒムス県では、SANA(9月11日付)によると、カフルナーハー村で、シリア軍が反体制武装集団と交戦し、シャームの民のヌスラ戦線の戦闘員を殺傷、拠点・装備を破壊した。

**

アレッポ県では、SANA(9月11日付)によると、アレッポ市ラーシディーン地区、ライラムーン地区、バニー・ザイド地区、ザフラー地区、シャイフ・サイード地区、カフルハムラ村、アフタリーン市、ハルダトニーン村、アターリブ市、アウラム・スグラー村で、シリア軍が反体制武装集団と交戦し、複数の戦闘員を殺傷、拠点・装備を破壊した。

**

ダルアー県では、SANA(9月11日付)によると、UNESCO世界文化遺産を擁するブスラー・シャーム市西部地区、アトマーン村西部で、シリア軍が反体制武装集団と交戦し、複数の戦闘員を殺傷、拠点・装備を破壊した。

AFP, September 11, 2015、AP, September 11, 2015、ARA News, September 11, 2015、Champress, September 11, 2015、al-Hayat, September 12, 2015、September 13, 2015、Iraqi News, September 11, 2015、Kull-na Shuraka’, September 11, 2015、al-Mada Press, September 11, 2015、Masar Press Agency, September 11, 2015、Naharnet, September 11, 2015、NNA, September 11, 2015、Reuters, September 11, 2015、SANA, September 11, 2015、UPI, September 11, 2015などをもとに作成。

(C)青山弘之 All rights reserved.

カテゴリー: シリア政府の動き, 反体制勢力の動き, 国内の暴力 パーマリンク