シリア軍がダイル・ザウル軍事飛行場の攻防戦でダーイシュ(イスラーム国)に対して毒ガスを使用か?(2015年9月11日)

ダイル・ザウル県では、シリア人権監視団によると、ダイル・ザウル航空基地でシリア軍、国防隊が攻勢を強めるダーイシュ(イスラーム国)と交戦した。

ダイル・ザウル市の複数の活動家によると、ダーイシュは同市工業地区、ラサーファ地区といったほぼすべての地区、さらには周辺の村々の戦闘員を動員し、基地に対して攻勢をかけているという。

ダーイシュはまた、ダイル・ザウル航空基地に近い村々のすべてのインターネット・カフェを閉鎖し、情報統制を行っているという。

これに関して、ARA News(9月11日付)は、サラーイッディーンを名乗る現地の活動家の話として、シリア軍がダイル・ザウル航空基地への突入を図るダーイシュ戦闘員に対して、毒ガスを使用し対抗、ダーイシュ戦闘員を撤退させ、シリア軍が再展開したと伝えた。

ARA News, September 11, 2015

ARA News, September 11, 2015

**

アレッポ県では、クッルナー・シュラカー(9月11日付)によると、米トルコ両政府が設置合意した「安全地帯」内に位置するアアザース市入り口、タッル・リフアト市南部入り口で、爆弾を積んだ車による自爆テロが相次いで発生し、子供1人が死亡した。

一方、SANA(9月11日付)によると、航空士官学校一帯、アルバイド村で、シリア軍がダーイシュ(イスラーム国)と交戦し、複数の戦闘員を殺傷、拠点・装備を破壊した。

**

ラッカ県では、ARA News(9月11日付)によると、アイン・イーサー町一帯で、西クルディスタン移行期民政局人民防衛隊とダーイシュ(イスラーム国)が交戦し、ダーイシュ戦闘員4人が死亡した。

**

ヒムス県では、SANA(9月11日付)によると、タドムル市、アイン・ダナーニール村で、シリア軍がダーイシュ(イスラーム国)と交戦し、複数の戦闘員を殺傷、拠点・装備を破壊した。

シリア軍はまた、ラッフーム村、ウンク・ハワー村方面からマクサル・ヒサーン村、ジュッブー・ジャッラーフ村方面に侵入しようとしたダーイシュを撃退した。

AFP, September 11, 2015、AP, September 11, 2015、ARA News, September 11, 2015、Champress, September 11, 2015、al-Hayat, September 12, 2015、Iraqi News, September 11, 2015、Kull-na Shuraka’, September 11, 2015、al-Mada Press, September 11, 2015、Naharnet, September 11, 2015、NNA, September 11, 2015、Reuters, September 11, 2015、SANA, September 11, 2015、UPI, September 11, 2015などをもとに作成。

(C)青山弘之 All rights reserved.

カテゴリー: シリア政府の動き, 反体制勢力の動き, 国内の暴力, 諸外国の動き パーマリンク