ダルアー県のウマリー旅団連合(自由シリア軍)は、若者のダーイシュ(イスラーム国)への参加を阻止するため街道封鎖(2015年9月14日)

ダルアー県で活動するウマリー旅団連合(自由シリア軍南部戦線所属組織)は、ラジャート高地の街道を封鎖したと発表した。

この街道はダルアー県からシリア北部、さらにはトルコへと抜けるルートで、ウマリー旅団連合のハムザ・ファラジュ報道官によると、この措置は、ダーイシュがラジャート高地で活動を開始したことを受け、同地の若者たちがダーイシュに忠誠を近い、シリア北部に転戦することを回避するための措置だという。

ダーイシュは14日、ラジャート高地でアル=カーイダ系組織のシャームの民のヌスラ戦線の車列を襲撃、同地での活動を本格化していた(http://syriaarabspring.info/?p=22381)。

スマート・ニュース(9月15日付)などが伝えた。

AFP, September 15, 2015、AP, September 15, 2015、ARA News, September 15, 2015、Champress, September 15, 2015、al-Hayat, September 16, 2015、Iraqi News, September 15, 2015、Kull-na Shuraka’, September 15, 2015、al-Mada Press, September 15, 2015、Naharnet, September 15, 2015、NNA, September 15, 2015、Reuters, September 15, 2015、SANA, September 15, 2015、SMART News, September 15, 2015、UPI, September 15, 2015などをもとに作成。

(C)青山弘之 All rights reserved.

カテゴリー: 反体制勢力の動き パーマリンク