イスラーム国が攻勢を続ける東グータ地方(ダマスカス郊外県)への転戦を拒んだヤブルード市の国防隊員らと国軍が衝突(2015年9月14日)

クッルナー・シュラカー(9月18日付)は、ダマスカス郊外県ヤブルード市内で数日前に、シリア軍の「マディーン大佐」率いるグループと、民兵組織「カーディシュ」、バアス大隊、国防隊の隊員が武力衝突した、と伝えた。

同サイトによると、衝突は、民兵組織「カーディシュ」、バアス大隊、国防隊の隊員が、イスラーム軍による攻勢が続く東グータ地方への転戦をシリア軍から命じられたことを拒否したのが発端だという。

ヤブルード市内の複数の消息筋によると、武力衝突は14日晩に始まり、「マディーン大佐」が率いる約300人の兵士と軍用車輌20輌が、「カーディフ」、バアス大隊、国防隊と交戦し、双方に複数の死傷者が出たという。

AFP, September 18, 2015、AP, September 18, 2015、ARA News, September 18, 2015、Champress, September 18, 2015、al-Hayat, September 19, 2015、Iraqi News, September 18, 2015、Kull-na Shuraka’, September 18, 2015、al-Mada Press, September 18, 2015、Naharnet, September 18, 2015、NNA, September 18, 2015、Reuters, September 18, 2015、SANA, September 18, 2015、UPI, September 18, 2015などをもとに作成。

(C)青山弘之 All rights reserved.

カテゴリー: シリア政府の動き, 国内の暴力 パーマリンク