YPGとアレッポ・ファトフ作戦司令室がアレッポ市シャイフ・マクスード地区の戦闘停止で合意(2015年9月29日)

アレッポ県では、ARA News(9月30日付)によると、アレッポ市シャイフ・マクスード地区一帯で西クルディスタン移行期民政局人民防衛隊と、シャーム戦線、シャーム自由人イスラーム運動、シャームの民のヌスラ戦線との間で続いていた戦闘に関して、アレッポ・ファトフ作戦司令室と人民防衛隊が停戦に合意した。

この停戦合意は、シャーム戦線(およびシャーム自由人イスラーム運動、ヌスラ戦線)がシャイフ・マクスード地区から撤退したことを受けて交わされたもので、緊張状態の解消や交戦の停止などを骨子としているという。

AFP, September 29, 2015、AP, September 29, 2015、ARA News, September 29, 2015、September 30, 2015、Champress, September 29, 2015、al-Hayat, September 30, 2015、Iraqi News, September 29, 2015、Kull-na Shuraka’, September 29, 2015、al-Mada Press, September 29, 2015、Naharnet, September 29, 2015、NNA, September 29, 2015、Reuters, September 29, 2015、SANA, September 29, 2015、UPI, September 29, 2015などをもとに作成。

(C)青山弘之 All rights reserved.

カテゴリー: 反体制勢力の動き, 国内の暴力 パーマリンク