ファロン英国防相「ロシア軍の空爆のうち、ダーイシュ(イスラーム国)を標的としているのは全体の5%だけ」(2015年10月3日)

英国のマイケル・ファロン国防大臣は、『サン』(10月3日付)のインタビューに応じ、そのなかでロシア軍によるシリア領内での空爆に関して、「彼ら(ロシア軍)は、民間人の居住地域に爆弾を投下し、民間人を殺害している…。彼らはアサドと戦う自由シリア軍部隊に爆弾を投下している」としたうえで、ロシア軍の空爆のうち、ダーイシュ(イスラーム国)を標的としているのは全体の5%に過ぎないと非難した。

AFP, October 3, 2015、AP, October 3, 2015、ARA News, October 3, 2015、Champress, October 3, 2015、al-Hayat, October 4, 2015、Iraqi News, October 3, 2015、Kull-na Shuraka’, October 3, 2015、al-Mada Press, October 3, 2015、Naharnet, October 3, 2015、NNA, October 3, 2015、Reuters, October 3, 2015、SANA, October 3, 2015、The Sun, October 3, 2015、UPI, October 3, 2015などをもとに作成。

(C)青山弘之 All rights reserved.

カテゴリー: シリア政府の動き, 反体制勢力の動き, 国内の暴力, 諸外国の動き パーマリンク