チュニジアが米主導の有志連合への参加を表明(2015年10月4日)

チュニジアのハビーブ・スィード首相は、記者会見で「チュニジアはダーイシュ(イスラーム国や…過激派と戦う有志連合に参加する…。我々がテロとの戦いを行っているという事情を踏まえ、有志連合への参加は、チュニジアに関わる…情報交換を基本とする」と述べた。

スィード首相はまた「有志連合への参加で、チュニジアは国内でテロとの戦いを行うことにかかわるすべての情報が入手できるようになる」と強調した。

なお、これに先立ち、バラク・オバマ米大統領は9月29日に、チュニジア、マレーシア、ナイジャリアがダーイシュ撲滅をめざす有志連合に参加したと発表していた。

『ハヤート』(10月5日付)が伝えた。


AFP, October 4, 2015、AP, October 4, 2015、ARA News, October 4, 2015、Champress, October 4, 2015、al-Hayat, October 5, 2015、Iraqi News, October 4, 2015、Kull-na Shuraka’, October 4, 2015、al-Mada Press, October 4, 2015、Naharnet, October 4, 2015、NNA, October 4, 2015、Reuters, October 4, 2015、SANA, October 4, 2015、UPI, October 4, 2015などをもとに作成。

(C)青山弘之 All rights reserved.

カテゴリー: 諸外国の動き パーマリンク