ドイツのメルケル首相「反体制派、シリア政府、諸外国などすべての代表者の政治プロセスへの参加が必要」(2015年10月4日)

ドイツのアンゲラ・メルケル首相は、ドイツのラジオ局に対して、2日にウクライナ和平協議が開催されたパリで、ロシアのヴラジミール・プーチン大統領とシリア情勢について意見を交わし、プーチン大統領に「軍事的努力は必要だが、それだけでは問題は解決しない…。我々には政治プロセスが必要だ」と伝えたことを明らかにした。

メルケル首相は、この政治プロセスに関して「政治的解決にいたるため、私は、シリア反体制派、ダマスカスで現在統治を行っている者などすべての代表者(の参加)が必要だと考えている…。またそれ以上に重要なのは、各当事者の同盟者たちだ」と述べ、アサド政権だけでなく、ロシア、米国、サウジアラビア、イラン、ドイツ、フランス、英国も紛争解決に向け参加すべきだと述べた。

『ハヤート』(10月5日付)などが伝えた。

AFP, October 4, 2015、AP, October 4, 2015、ARA News, October 4, 2015、Champress, October 4, 2015、al-Hayat, October 5, 2015、Iraqi News, October 4, 2015、Kull-na Shuraka’, October 4, 2015、al-Mada Press, October 4, 2015、Naharnet, October 4, 2015、NNA, October 4, 2015、Reuters, October 4, 2015、SANA, October 4, 2015、UPI, October 4, 2015などをもとに作成。

(C)青山弘之 All rights reserved.

カテゴリー: シリア政府の動き, 反体制勢力の動き, 国内の暴力, 諸外国の動き パーマリンク