アル=カーイダとの関係を否定するシャーム自由人イスラーム運動のロケット・砲兵旅団がアル=カーイダ系組織のヌスラ戦線に忠誠を誓う(2015年10月4日)

クッルナー・シュラカー(10月4日付)は、アル=カーイダ系組織のシャームの民のヌスラ戦線に近い複数のツイッター・アカウントからの情報として、シャーム自由人イスラーム運動のロケット・砲兵旅団が離反し、ヌスラ戦線に忠誠(バイア)を表明した、と伝えた。

離反したロケット・砲兵旅団は、20人以上の離反士官からなるという。

離反の理由に関して、複数の活動家は「「方法」をめぐる意見の相違ではなく、「組織運営上」の対立」によるものだという。

またヌスラ戦線に忠誠を誓った理由については「旅団が必要としている砲弾を提供してくれた」ためだという。


AFP, October 4, 2015、AP, October 4, 2015、ARA News, October 4, 2015、Champress, October 4, 2015、al-Hayat, October 5, 2015、Iraqi News, October 4, 2015、Kull-na Shuraka’, October 4, 2015、al-Mada Press, October 4, 2015、Naharnet, October 4, 2015、NNA, October 4, 2015、Reuters, October 4, 2015、SANA, October 4, 2015、UPI, October 4, 2015などをもとに作成。

(C)青山弘之 All rights reserved.

カテゴリー: 反体制勢力の動き パーマリンク