シリア・ムスリム同胞団「ロシアの占領に対する抵抗は合法的義務」(2015年10月4日)

トルコで活動するシリア・ムスリム同胞団は、ロシア軍によるシリア領内での空爆開始を受け、ロシアに対するジハードを宣言した。

同胞団のウマル・ムシャウフィフ広報局長は「我々同胞団は今、ロシア軍の介入と民間人への空爆により、ロシアのあからさまな占領の前に身を置いていると明言する。占領者への抵抗は合法的な義務である」と述べた。

ムシャウフィフ氏はそのうえで「政治、軍事、情報などあらゆる合法的な手段をもってこの占領に抵抗」すると主張、「アサド政権を保護するというこの方法でシリアでの自らの国益を維持できるとの幻想をロシアは抱いている。しかし、こうした方法は、アフガニスタン、チェチェンと同じ経験の再来だ。我々は5年にわたってアサド政権、イラン、ヒズブッラーに抵抗してきたように、ロシアに抵抗する」と表明した。

AFP, October 4, 2015、AP, October 4, 2015、ARA News, October 4, 2015、Champress, October 4, 2015、al-Hayat, October 5, 2015、Iraqi News, October 4, 2015、Kull-na Shuraka’, October 4, 2015、al-Mada Press, October 4, 2015、Naharnet, October 4, 2015、NNA, October 4, 2015、Reuters, October 4, 2015、SANA, October 4, 2015、UPI, October 4, 2015などをもとに作成。

(C)青山弘之 All rights reserved.

カテゴリー: シリア政府の動き, 反体制勢力の動き, 国内の暴力, 諸外国の動き パーマリンク