シリア国民連合はロシア軍の空爆でイドリブ県の遺跡が破壊されたと主張(2015年10月6日)

トルコのイスタンブールで活動するシリア革命反体制勢力国民連立は声明を出し、ロシア軍が10月4日にイドリブ県で行った空爆によって、ザーウィヤ山に位置するサルジーラー村の遺跡が標的となり、大きな被害を受けたと主張した。

破壊された遺跡は2000年以上前に建設されたものだという。

イドリブ県は、アル=カーイダ系組織のシャームの民のヌスラ戦線、シャーム自由人イスラーム運動、ジュンド・アクサー機構などが主導するファトフ軍の支配地域だが、シリア革命反体制勢力国民連立は、遺跡一帯には、ダーイシュ(イスラーム国)は存在していなかったと強調、UNESCOなどに対して、「ロシアの占領」を非難し、シリアの歴史文化遺産破壊という犯罪に対して早急に対応するよう呼びかけた。

Kull-na Shuraka', October 6, 2015

Kull-na Shuraka’, October 6, 2015

AFP, October 6, 2015、AP, October 6, 2015、ARA News, October 6, 2015、Champress, October 6, 2015、al-Hayat, October 7, 2015、Iraqi News, October 6, 2015、Kull-na Shuraka’, October 6, 2015、al-Mada Press, October 6, 2015、Naharnet, October 6, 2015、NNA, October 6, 2015、Reuters, October 6, 2015、SANA, October 6, 2015、UPI, October 6, 2015などをもとに作成。

(C)青山弘之 All rights reserved.

カテゴリー: 反体制勢力の動き, 国内の暴力, 諸外国の動き パーマリンク