シリア軍がハマー県でファトフ軍に対する地上作戦を本格化(2015年10月8日)

ハマー県では、SANA(10月8日付)によると、ロシア軍の空爆と並行して、シリア軍が県北部一帯(カフルズィーター市、フバイト村)のファトフ軍拠点を空爆し、戦闘員32人を殺害、38人を負傷させ、車輌3輌、迫撃砲3基を破壊した。

しかし、クッルナー・シュラカー(10月8日付)は、反体制武装集団が、カフルヌブーダ町近郊に着陸しようとしたシリア軍のヘリコプターを撃墜し、パイロットが死亡した、と伝えた。

同報道によると、シリア軍は4機のヘリコプターを投入し、カフルヌブーダ町近郊の穀物路一帯で降下作戦を行おうとしていたという。

一方、ガーブの鷹連合のムハンマド・ラシード広報局長は、同連合の戦闘員が中火器を使用して、シリア軍ヘリコプターを撃墜したと発表した。

なお、カフルヌブーダ町一帯では、ヘリコプター墜落を受けるかたちで、シリア軍が迫撃砲、地対地ミサイルで激しい砲撃を行ったという。

しかし、シリア人権監視団によると、シリア軍はアリー・アブドゥッラー参謀長による大規模攻撃開始の発表に合わせるかたちで県北部で攻勢をかけたが、反体制武装集団との戦闘で兵士13人が死亡し、戦車など15輌を破壊されたという。

なお、シリア軍の攻撃に関して、クッルナー・シュラカー(10月8日付)は、シリア軍がガーブ平原のバフサ村、カルクール村、フールー村に進軍を試み、これと合わせてロシア軍が反体制武装集団拠点などを20回以上にわたって空爆したと伝えた。

**

ラタキア県では、SANA(10月8日付)によると、ラビーア町近郊で、反体制武装集団が仕掛けようとしていた爆弾が爆発し、サウジアラビア人司令官1人を含む戦闘員20人が死亡した。

しかし、クッルナー・シュラカー(10月8日付)によると、山岳地帯でシリア軍ヘリコプターが墜落したという。

一方、シリア人権監視団によると、シリア軍がカフルアンジュール村、カフルダブラ村、アイン・ジャウラ村、アイン・サームール村を激しく砲撃し、同地一帯およびジュッブ・ガール村、ジュッブ・アフマル村、シャイフ・ムハンマド丘一帯でジハード主義武装集団と交戦した。

**

アレッポ県では、SANA(10月8日付)によると、ロシア軍の空爆と並行して、シリア軍がマンスーラ村、アレッポ市西部の科学研究センター一帯を空爆し、複数の戦闘員を殺傷、拠点・装備を破壊した。

シリア軍はまた、アレッポ市サラーフッディーン地区、ライラムーン地区、バニー・ザイド地区、カラム・ジャバル地区、ザバディーヤ地区、アシュラフィーヤ地区でシャームの民のヌスラ戦線などからなるジハード主義武装集団と交戦し、複数の戦闘員を殺傷、拠点・装備を破壊した。

ARA News(10月9日付)によると、シャームの民のヌスラ戦線がアレッポ市ブスターン・カスル地区に進攻し、住民らに「無差別」に発砲した。

同地では8日に、住民がヌスラ戦線に反対するデモを行っていたという。

**

ヒムス県では、SANA(10月8日付)によると、ロシア軍の空爆と並行して、シリア軍がサアン・アスワド村北部で反体制武装集団と交戦し、複数の戦闘員を殺傷、拠点・装備を破壊した。

**

ダルアー県では、クッルナー・シュラカー(10月9日付)によると、ハイト村でハラマイン旅団司令官のムハンマド・アフマド・サフーリー氏の車に仕掛けられた爆弾が爆発し、サフーリー氏は死亡した。

AFP, October 8, 2015、AP, October 8, 2015、ARA News, October 8, 2015、October 9, 2015、Champress, October 8, 2015、al-Hayat, October 9, 2015、Iraqi News, October 8, 2015、Kull-na Shuraka’, October 8, 2015、October 9, 2015、al-Mada Press, October 8, 2015、Naharnet, October 8, 2015、NNA, October 8, 2015、Reuters, October 8, 2015、SANA, October 8, 2015、UPI, October 8, 2015などをもとに作成。

(C)青山弘之 All rights reserved.

カテゴリー: シリア政府の動き, 反体制勢力の動き, 国内の暴力 パーマリンク