フランス空軍がシリア領内のダーイシュ(イスラーム国)拠点に対して2度目となる空爆を実施(2015年10月9日)

フランスのジャン・イヴ・ル・ドリアン国防大臣は、フランス空軍戦闘機が8日夜から9日未明にかけて、シリア領内ラッカ市近郊のダーイシュ(イスラーム国)拠点に対して2度目となる空爆を行ったことを明らかにした。

ル・ドリアン国防大臣はEuro 1に対して「ラファール戦闘機2機が(ダーイシュの)教練キャンプを空爆し、標的に損害を与えた」と述べた。

空爆は有志連合の作戦として行われ、空爆を行ったフランス空軍の戦闘機のほかに、UAEの戦闘機も参加したという。

ル・ドリアン国防大臣はまた「シリア、とりわけラッカ市一帯には外国人戦闘員を教練するためのキャンプがあり、彼らは地域(シリア・イラク)でダーイシュのために戦うだけでなく、フランス、そして欧州にやって来て、攻撃を行おうとしている」と述べ、空爆を正当化した。

その一方で、ロシア軍による空爆に関しては、「80~90%がダーイシュではなく、アサド政権を守るために行われている」と主張した。

AFP(10月10日付)などが伝えた。

AFP, October 9, 2015、AP, October 9, 2015、ARA News, October 9, 2015、Champress, October 9, 2015、al-Hayat, October 10, 2015、Iraqi News, October 9, 2015、Kull-na Shuraka’, October 9, 2015、al-Mada Press, October 9, 2015、Naharnet, October 9, 2015、NNA, October 9, 2015、Reuters, October 9, 2015、SANA, October 9, 2015、UPI, October 9, 2015などをもとに作成。

(C)青山弘之 All rights reserved.

カテゴリー: 反体制勢力の動き, 国内の暴力, 諸外国の動き パーマリンク