シリア軍がアレッポ市西部でダーイシュ(イスラーム国)と交戦を続ける(2015年10月19日)

アレッポ県では、シリア人権監視団によると、サフィール市郊外のダクワーナ村一帯で、シリア軍、ヒズブッラー戦闘員、イラン人戦闘員らが、ダーイシュ(イスラーム国)と交戦し、同村の複数カ所を制圧した。

一方、SANA(10月19日付)によると、シリア軍が、カスィール・ワルド村、フワイジーナ村、タッル・イスタブル村、ハラビーヤ村、ダクワーナ村、マフラサ村、タッル・アラム村、ラスム・ハルマル村、アブー・ダンナ村、フマイマ村、ウンム・アドサ村、タッル・ムース村、シュワイリフ村、ウンム・アルキーラ村、シャイフ・アフマド村でダーイシュ(イスラーム国)の拠点を空爆し、複数の戦闘員を殺傷、拠点・装備を破壊した。

**

ダイル・ザウル県では、SANA(10月19日付)によると、シリア軍がダイル・ザウル市ハウィーカ地区、フサイニーヤ地区でダーイシュ(イスラーム国)と交戦し、複数の戦闘員を殺傷、拠点・装備を破壊した。

**

ラッカ県では、ARA News(10月19日付)によると、ダーイシュ(イスラーム国)がロシア軍による空爆参入に対応するため、支配地域の14歳から40歳の男性の兵役を義務づけることを決定した。

また、ARA News(10月19日付)は、ダーイシュ(イスラーム国)が、ラッカ市での有志連合の空爆によって、「アブー・タルハト・アルマーニー」を名乗っていたドイツ人ラッパーのデソ・ドッグ(Deso
Dogg)氏(本名デニス・ママドウ・カスパート)が死亡したと発表したと伝えた。

デソ・ドッグの死は2014年4月にも伝えられていた。

AFP, October 19, 2015、AP, October 19, 2015、ARA News, October 19, 2015、Champress, October 19, 2015、al-Hayat, October 20, 2015、Iraqi News, October 19, 2015、Kull-na Shuraka’, October 19, 2015、al-Mada Press, October 19, 2015、Naharnet, October 19, 2015、NNA, October 19, 2015、Reuters, October 19, 2015、SANA, October 19, 2015、UPI, October 19, 2015などをもとに作成。

(C)青山弘之 All rights reserved.

カテゴリー: シリア政府の動き, 反体制勢力の動き, 国内の暴力, 諸外国の動き パーマリンク