シリア軍とダーイシュ(イスラーム国)のアレッポ県・ハマー県境で一進一退の攻防が続くなか、シリア軍はジャッブール村を制圧(2015年10月24日)

アレッポ県では、SANA(10月24日付)によると、シリア軍が人民防衛諸集団とともにアレッポ市東部のジャッブール村でダーイシュ(イスラーム国)と交戦、同地に制圧した。

シリア軍はまた、航空士官学校一帯でダーイシュと交戦し、複数の戦闘員を殺傷、拠点・装備を破壊した。

一方、シリア人権監視団によると、ハナースィル市とハマー県のイスリヤー村を結ぶ街道一帯で、シリア軍とダーイシュ(イスラーム国)が激しく交戦し、ダーイシュ戦闘員28人、シリア軍兵士21人が死亡した。

シリア軍はまた、ダーイシュによって包囲されているクワイリス航空基地一帯を空爆した。

**

ダマスカス県では、クッルナー・シュラカー(10月25日付)によると、反体制武装集団がタダームン区で、ダーイシュ(イスラーム国)との戦闘の末、建物複数棟を制圧した。

AFP, October 24, 2015、AP, October 24, 2015、ARA News, October 24, 2015、Champress, October 24, 2015、al-Hayat, October 25, 2015、Iraqi News, October 24, 2015、Kull-na Shuraka’, October 24, 2015、al-Mada Press, October 24, 2015、Naharnet, October 24, 2015、NNA, October 24, 2015、Reuters, October 24, 2015、SANA, October 24, 2015、UPI, October 24, 2015などをもとに作成。

(C)青山弘之 All rights reserved.

カテゴリー: シリア政府の動き, 反体制勢力の動き, 国内の暴力, 諸外国の動き パーマリンク