ケリー米国務長官がサウジアラビアを訪問し、「穏健な反体制派」への支援継続・強化で合意(2015年10月24日)

ジョン・ケリー米国務長官はサウジアラビアの首都リヤドを訪問し、サルマーン国王、アーディル・ジュバイリー外務大臣はと会談、パレスチナ情勢やシリア紛争への対応などについて意見を交わした。

米国務省によると、この会談で、両国は、シリアの「穏健な反体制派」への支援継続・強化、さらには政治プロセスを継続することで合意した。

ARA News(10月25日付)が伝えた。

AFP, October 25, 2015、AP, October 25, 2015、ARA News, October 25, 2015、Champress, October 25, 2015、al-Hayat, October 26, 2015、Iraqi News, October 25, 2015、Kull-na Shuraka’, October 25, 2015、al-Mada Press, October 25, 2015、Naharnet, October 25, 2015、NNA, October 25, 2015、Reuters, October 25, 2015、SANA, October 25, 2015、UPI, October 25, 2015などをもとに作成。

(C)青山弘之 All rights reserved.

カテゴリー: シリア政府の動き, 反体制勢力の動き, 国内の暴力, 諸外国の動き パーマリンク