ロシアのプーチン大統領がサウジのサルマーン国王と、ラヴロフ外相がケリー米国務長官と電話会談(2015年10月26日)

ロシアのヴラジミール・プーチン大統領は、サウジアラビアのサルマーン・ビン・アブドゥルアズィーズ国王と電話会談を行い、シリア情勢などについて意見を交わした。

またセルゲイ・ラヴロフ外務大臣は、ジョン・ケリー米国務長官と電話会談を行い、同じくシリア情勢などについて意見を交わした。

『ハヤート』(10月27日付)などが伝えた。

AFP, October 26, 2015、AP, October 26, 2015、ARA News, October 26, 2015、Champress, October 26, 2015、al-Hayat, October 27, 2015、Iraqi News, October 26, 2015、Kull-na Shuraka’, October 26, 2015、al-Mada Press, October 26, 2015、Naharnet, October 26, 2015、NNA, October 26, 2015、Reuters, October 26, 2015、SANA, October 26, 2015、UPI, October 26, 2015などをもとに作成。

(C)青山弘之 All rights reserved.

カテゴリー: シリア政府の動き, 反体制勢力の動き, 国内の暴力, 諸外国の動き パーマリンク