イランの最高指導者ハーメネイー師「アサド大統領の進退に関して諸外国が干渉することは受け入れられない」(2015年11月1日)

『ハヤート』(11月2日付)は、イランの最高指導者アリー・ハーメネイー師がシリア情勢に関して、アサド大統領の進退を含むシリアの将来に関して諸外国が干渉することは受け入れられないと述べたと伝えた。

ハーメネイー師は、シリア危機が、戦闘の停止、すべての武装集団への武器供与の停止、シリアの将来を決するための公正な選挙の実施を通じて解決し得るとする一方、欧米諸国などが提示している解決案の一部が、戦闘を終わらせるのではなく問題を持続しようとしている、と批判したという。

AFP, November 1, 2015、AP, November 1, 2015、ARA News, November 1, 2015、Champress, November 1, 2015、al-Hayat, November 2, 2015、Iraqi News, November 1, 2015、Kull-na Shuraka’, November 1, 2015、al-Mada Press, November 1, 2015、Naharnet, November 1, 2015、NNA, November 1, 2015、Reuters, November 1, 2015、SANA, November 1, 2015、UPI, November 1, 2015などをもとに作成。

(C)青山弘之 All rights reserved.

カテゴリー: シリア政府の動き, 諸外国の動き パーマリンク