ロシア軍の爆撃支援の甲斐なくシリア軍が再び劣勢か?:シャーム自由人イスラーム運動などがハマー県北部アトシャーン村一帯、ウスマーン丘軍事基地を制圧、ヌスラ戦線などもアレッポ市南部のサービキーヤ村一帯に進軍(2015年11月6日)

ハマー県では、シリア人権監視団によると、アル=カーイダ系組織のシャーム自由人イスラーム運動、アジュナード・シャームなどからなるジハード主義武装集団が県北部のアトシャーン村をシリア軍との激しい交戦の末に制圧した。

この戦闘で、第47戦車旅団のターリブ・サラーマ准将らシリア軍側の将兵16人が死亡した。

アトシャーン村はシリア軍が10月10日に制圧していた。

また『ハヤート』(11月7日付)によると、北西部の戦略的要衝に位置するシリア軍タッル・ウスマーン軍事基地、シャナービラ村も反体制武装集団によって制圧した。

シリア人権監視団のラーミー・アブドゥッラフマーン代表は、シリア軍はこれに先だってスカイク丘一帯も喪失しており、これによりロシア軍空爆開始以降奪還していた県北部の全地域を喪失したと主張した。

一方、ジュンド・アクサー機構など武装集団によって制圧されたムーリク市一帯およびマアーン村では、シリア軍との戦闘が続いた。

これに関して、ドゥラル・シャーミーヤ(11月6日付)は、反体制武装集団がマアーン村の入り口まで到達したと伝える一方、シャーム軍団は、マアーン村を見下ろす戦略的要衝のスーラーン丘を制圧したと発表した。

また、シャーム自由人イスラーム運動もクバイバート・アブー・フダー村を制圧したと発表した。

他方、SANA(11月6日付)によると、シリア軍がサフサーファ村で、シャームの民のヌスラ戦線などファトフ軍の拠点を壊滅し、同地を制圧した。

**

アレッポ県では、シリア人権監視団によると、シャームの民のヌスラ戦線などからなる反体制武装集団がアレッポ市南部に進軍し、シリア軍と交戦し、サービキーヤ村一帯を制圧した。

クッルナー・シュラカー(11月6日付)によると、ヌスラ戦線はまた、シャーム自由人イスラーム運動とともに、ワディーヒー村一帯のサッルー丘、ティーナト・ハーリド丘、マクバラ丘に進軍し、これを制圧し、サービキーヤ村に迫った。

一方、SANA(11月6日付)によると、シリア軍がジャービリーヤ村、ハーン・トゥーマーン村、マフラサ村、ウンム・アルキーラ村、アーミリーヤ村、ラスム・アブド村、発電所一帯、サフィーラ市東部一帯でシャームの民のヌスラ戦線などのジハード主義武装集団拠点を空爆し、複数の戦闘員を殺傷、拠点・装備を破壊した。

**

ラタキア県では、シリア人権監視団によると、ロシア軍の空爆が行われるなか、ガマーム村を制圧したシリア軍、国防隊がジュッブ・アフマル村一帯、ナビー・ユーヌス峰一帯、ダグマシュリーヤ村一帯でジハード主義武装集団と交戦した。

一方、SANA(11月6日付)によると、シリア軍がファラク山一帯の丘陵地帯、ジュッブ・ザアルール村で反体制武装集団の拠点を空爆し、複数の戦闘員を殺傷、拠点・装備を破壊した。

**

ダルアー県では、SANA(11月6日付)によると、ヌアイマ村、ジュライン村東部、アトマーン村、ダルアー市避難民キャンプ地区一帯、ダム街道一帯でシャームの民のヌスラ戦線などジハード主義武装集団と交戦し、複数の戦闘員を殺傷、拠点・装備を破壊した。

AFP, November 6, 2015、AP, November 6, 2015、ARA News, November 6, 2015、Champress, November 6, 2015、al-Durar al-Shamiya, November 6, 2015、al-Hayat, November 7, 2015、Iraqi News, November 6, 2015、Kull-na Shuraka’, November 6, 2015、al-Mada Press, November 6, 2015、Naharnet, November 6, 2015、NNA, November 6, 2015、Reuters, November 6, 2015、SANA, November 6, 2015、UPI, November 6, 2015などをもとに作成。

(C)青山弘之 All rights reserved.

カテゴリー: シリア政府の動き, 反体制勢力の動き, 国内の暴力, 諸外国の動き パーマリンク