反体制派は10月にシリア軍戦車123輌を破壊、1ヶ月間での戦果としては過去最大(2015年11月7日)

シリア監視統計ネットワークは、10月の1ヶ月間で、反体制武装集団がシリア軍戦車123輌を破壊し、過去最大の戦果を挙げたと発表した。

同ネットワークによると、反体制武装集団は、ハマー県での戦闘で59輌を、アレッポ市南部で31輌を、ダマスカス県およびダマスカス郊外県で12輌を、ヒムス県で9輌を、ラタキア県で5輌を、クナイトラ県で4輌を、イドリブ県で2輌を、ダルアー県で1輌を破壊したという。

なお、ロシア軍によるシリア空爆開始以降、反体制武装集団がアレッポ市南部などで米国製TOW対戦車ミサイルによってシリア軍戦車を攻撃、破壊しているとの情報が多く報じられている。

AFP, November 7, 2015、AP, November 7, 2015、ARA News, November 7, 2015、Champress, November 7, 2015、al-Durar al-Shamiya, November 7, 2015、al-Hayat, November 8, 2015、Iraqi News, November 7, 2015、Kull-na Shuraka’, November 7, 2015、al-Mada Press, November 7, 2015、Naharnet, November 7, 2015、NNA, November 7, 2015、Reuters, November 7, 2015、SANA, November 7, 2015、UPI, November 7, 2015などをもとに作成。

(C)青山弘之 All rights reserved.

カテゴリー: シリア政府の動き, 反体制勢力の動き, 国内の暴力 パーマリンク