シリア軍がダーイシュ(イスラーム国)との戦闘の末シャイフ・アフマド村一帯(アレッポ市)を完全制圧、ダーイシュが包囲を続けるクワイリス軍事飛行場に迫る(2015年11月9日)

アレッポ県では、シリア人権監視団によると、シリア軍とロシア軍の戦闘機が、シャイフ・アフマド村一帯を空爆するなか、シリア軍、国防隊、アラブ系・アジア系の外国人戦闘員がダーイシュ(イスラーム国)と交戦し、同村およびその周辺地域を制圧した。

これにより、シリア軍はダーイシュが包囲を続けるクワイリス航空基地まで2キロ強の距離に迫った。

SANA(11月9日付)も、シリア軍が人民防衛諸集団とともに、シャイフ・アフマド村一帯でダーイシュ(イスラーム国)と交戦し、同村一帯を完全制圧したと伝えるとともに、シリア軍が、ジャービリーヤ村、マフラサ村、ダクワーナ村、クワイリス航空基地一帯、タッル・アフマル村北部などのダーイシュ拠点を空爆したと報じた。

他方、ARA News(11月9日付)によると、アレッポ市東部のシャイフ・ナッジャール市工業団地地区内のシリア軍拠点複数カ所をダーイシュ(イスラーム国)が奇襲した。

**

ヒムス県では、シリア人権監視団によると、シリア軍、国防隊はタドムル市西方のドゥーワ地区でダーイシュ(イスラーム国)と交戦、またロシア軍と思われる戦闘機がカルヤタイン市、マヒーン町、ウンク・ハワー村、フワーリーン村、ウンム・サフリージュ村のダーイシュ拠点などを空爆した。

またシリア政府支配下のウンム・サルジュ村に迫撃砲弾2発が着弾した。

一方、SANA(11月9日付)によると、シリア軍がウンク・ハワー村、タドムル市郊外の柑橘園に至る街道、マヒーン町一帯でダーイシュ(イスラーム国)拠点を攻撃し、複数の戦闘員を殺傷、拠点・装備を破壊した。

**

ハサカ県では、シリア人権監視団によると、西クルディスタン移行期民政局人民防衛隊主体のシリア民主軍がフール町郊外のバフラ・ハーヌーティーヤ村一帯でダーイシュ(イスラーム国)と交戦した。

一方、ARA News(11月9日付)によると、西クルディスタン移行期民政局人民防衛隊主体のシリア民主軍がダーイシュ(イスラーム国)と交戦し、フール町郊外のバフラト・ハーヌーティーヤ村近郊の複数拠点を制圧した。

また、ARA News(10月10日付)によると、西クルディスタン移行期民政局人民防衛隊主体のシリア民主軍がフール町郊外でのダーイシュ(イスラーム国)と交戦し、東ブーサ村およびブーサ村を制圧した。

**

ダイル・ザウル県では、SANA(11月9日付)によると、シリア軍がダイル・ザウル航空基地に侵入しようとしたダーイシュ(イスラーム国)を撃退した。

**

ハマー県では、SANA(11月9日付)によると、シリア軍がウカイリバート町でダーイシュ(イスラーム国)の拠点を攻撃し、複数の戦闘員を殺傷、拠点・装備を破壊した。

AFP, November 9, 2015、AP, November 9, 2015、ARA News, November 9, 2015、November 10, 2015、Champress, November 9, 2015、al-Hayat, November 10, 2015、Iraqi News, November 9, 2015、Kull-na Shuraka’, November 9, 2015、al-Mada Press, November 9, 2015、Naharnet, November 9, 2015、NNA, November 9, 2015、Reuters, November 9, 2015、SANA, November 9, 2015、UPI, November 9, 2015などをもとに作成。

(C)青山弘之 All rights reserved.

カテゴリー: シリア政府の動き, 反体制勢力の動き, 国内の暴力, 諸外国の動き パーマリンク