シリア人権監視団:2015年の死者数は5万5,219人、うち「戦闘部隊およびイスラーム主義部隊の戦闘員を含む民間人」は20,977人(2015年12月31日)

シリア人権監視団は、2015年1月1日から12月31日までの1年間での紛争での死者数が5万5,219人を記録したと発表した。

死者の内訳は以下の通り:

1. 民間人20,977人
うち18歳未満の子供2,574人、18歳以上の女性1,944人、18歳以上の男性8,931人、戦闘部隊およびイスラーム主義部隊の戦闘員7,728人

2. 離反兵70人

3. シリア軍兵士8,819人

4. 国防隊、バアス大隊、人民諸委員会、シリア民族社会党、アレキサンドレッタ地方解放人民戦線、シャッビーハ、内通者7,275人

5. ヒズブッラー戦闘員378人

6. アラブ、アジア、イラン国籍の親政権シーア派戦闘員、クドス旅団(パレスチナ人)、アラブ国籍の親政権武装集団1,214人

7. イスラーム主義部隊、ダーイシュ(イスラーム国)、シャームの民のヌスラ戦線、ジュヌード・シャーム、ジュンド・アクサー、ジュンド・シャーム機構、トルキスターン・イスラーム党のアラブ、欧州、アジア、アメリカ、オーストラリア国籍の戦闘員16,212人

8. 身元不明者274人

なお発表された死者数には行方不明者約3,000人は含まれていない。

AFP, December 31, 2015、AP, December 31, 2015、ARA News, December 31, 2015、Champress, December 31, 2015、al-Hayat, January 1, 2014、Iraqi News, December 31, 2015、Kull-na Shuraka’, December 31, 2015、al-Mada Press, December 31, 2015、Naharnet, December 31, 2015、NNA, December 31, 2015、Reuters, December 31, 2015、SANA, December 31, 2015、UPI, December 31, 2015などをもとに作成。

(C)青山弘之 All rights reserved.

カテゴリー: シリア政府の動き, 反体制勢力の動き, 国内の暴力, 諸外国の動き パーマリンク