マーリヤ作戦司令室はダーイシュ(イスラーム国)とシリア民主軍双方との対決を呼びかける(2016年1月5日)

マーリア作戦司令室は声明を出し、アレッポ県北部のすべての武装集団に対して、ダーイシュ(イスラーム国)だけでなく、西クルディスタン移行期民政局人民防衛部隊主体のシリア民主軍に対抗し、「アレッポ北部郊外の戦略的重要性を鑑み、不足している装備を早急に供給し、真空を埋める」よう呼びかけた。

同声明によると、米国が最近になって支援を強めているシリア民主軍は、マーリア作戦司令室がダーイシュの進軍を食い止めるや、ロシア、イランの支援のもとアレッポ県北部(アアザーズ市一帯)で活動を活発化させたという。

AFP, January 5, 2016、AP, January 5, 2016、ARA News, January 5, 2016、Champress, January 5, 2016、al-Hayat, January 6, 2016、Iraqi News, January 5, 2016、Kull-na Shuraka’, January 5, 2016、al-Mada Press, January 5, 2016、Naharnet, January 5, 2016、NNA, January 5, 2016、Reuters, January 5, 2016、SANA, January 5, 2016、UPI, January 5, 2016などをもとに作成。

(C)青山弘之 All rights reserved.

カテゴリー: 反体制勢力の動き, 国内の暴力 パーマリンク