シリア軍、ロシア軍がダイル・ザウル県各所でダーイシュ(イスラーム国)と戦闘を続けるなか、ダーイシュは拉致した民間人400人のうち270人を解放(2016年1月20日)

ダイル・ザウル県では、シリア人権監視団によると、ダーイシュ(イスラーム国)とシリア軍、国防隊がブガイリーヤ村、ダイル・ザウル市北西部郊外一帯、アイヤーシュ村一帯(武器庫、フジャイフ丘一帯)で戦闘を続けるなか、ロシア軍と思われる戦闘機が同地を空爆した。

ダーイシュは、アイヤーシュ村およびシュマイティーヤ町で捕捉したシリア軍兵士・国防隊隊員6人を処刑した。

6人は19日にフジャイフ丘(第137旅団基地)での戦闘で捕捉されたという。

ダーイシュとシリア軍はまた、ジャフラ村、ダイル・ザウル航空基地一帯、ジュナイナ村でも交戦、ロシア軍と思われる戦闘機が同地に対しても空爆を行った。

一方、シリア人権監視団によると、ダーイシュ(イスラーム国)は16日にブガイリーヤ村で拘束した民間人400人あまりのうち約270人を解放した。

ダーイシュが解放したのは、14回以下の子供、成人女性、老人で、10代の若者、成年男子約130人は依然として拘束中だという。

**

ヒムス県では、SANA(1月20日付)によると、シリア軍が人民防衛諸集団とともに、カルヤタイン市・マハッサ地区間のダーイシュ(イスラーム国)の兵站路を攻撃し、支配地域を拡大した。

**

アレッポ県では、SANA(1月20日付)によると、シリア軍がタッル・リフアト市近郊でダーイシュ(イスラーム国)の車列を攻撃し、複数の戦闘員を殺傷、拠点・装備を破壊した。

AFP, January 20, 2016、AP, January 20, 2016、ARA News, January 20, 2016、Champress, January 20, 2016、al-Hayat, January 21, 2016、Iraqi News, January 20, 2016、Kull-na Shuraka’, January 20, 2016、al-Mada Press, January 20, 2016、Naharnet, January 20, 2016、NNA, January 20, 2016、Reuters, January 20, 2016、SANA, January 20, 2016、UPI, January 20, 2016などをもとに作成。

(C)青山弘之 All rights reserved.

カテゴリー: シリア政府の動き, 反体制勢力の動き, 国内の暴力, 諸外国の動き パーマリンク