ラッカ県、ダイル・ザウル県のダーイシュ(イスラーム国)支配地域への空爆で民間人を含む50人以上が死亡(2016年1月22日)

ラッカ県では、シリア人権監視団によると、戦闘機(所属明示せず、ただしッルナー・シュラカー(1月22日付)によるとロシア軍)がダーイシュ(イスラーム国)の中心都市であるラッカ市内のマシュラブ地区、イスラーム病院一帯、サイフ・ダウラ地区そしてマアダーン市を空爆し、女性1人、子供3人を含む22人が死亡した。

また、ダーイシュ(イスラーム国)の通信部門アアマーク通信は、米軍主導の有志連合がラッカ市で結婚式で新郎新婦を乗せた車を空爆したと発表、その写真を公開した。

Kull-na Shuraka', January 22, 2016

Kull-na Shuraka’, January 22, 2016

**

ダイル・ザウル県では、シリア人権監視団によると、戦闘機(所属明示せず)が、ダーイシュ(イスラーム国)の支配下にあるダイル・ザウル市タカーヤー地区、シャイフ・ヤースィーン地区、カナーマート地区、タービヤ村、ハリータ村、アイヤーシュ村を空爆し、女性1人、子供3人を含む30人が死亡した。

一方、SANA(1月22日付)によると、シリア軍がジャフラ村、ジュナイナ村、ジャブア村、ブガイリーヤ村、ムハイミーダ村、アイヤーシュ村一帯でダーイシュ(イスラーム国)の拠点を空爆し、複数の戦闘員を殺傷、拠点・装備を破壊した。

他方、クッルナー・シュラカー(1月22日付)によると、ダーイシュ(イスラーム国)ハイル州の総合関係局および部族局が、ダイル・ザウル市一帯の部族のシャイフらと会合を開き、ダーイシュへの忠誠を要請した。

**

ダマスカス郊外県では、シリア人権監視団によると、ダーイシュ(イスラーム国)を名乗る武装集団が、東カラムーン地方にあるシリア軍第128旅団の拠点複数カ所を砲撃、同地一帯で交戦した。

**

ヒムス県では、SANA(1月22日付)によると、シリア軍がタドムル市西部一帯、ルワイサト・アブー・ファワーリス村一帯でダーイシュ(イスラーム国)の拠点を攻撃し、複数の戦闘員を殺傷、拠点・装備を破壊した。

**

アレッポ県では、SANA(1月22日付)によると、シリア軍がアレッポ市東部のアッラーン村、バーブ市一帯、ターディフ市、バザーア村でダーイシュ(イスラーム国)の拠点を空爆し、複数の戦闘員を殺傷、拠点・装備を破壊した。

シリア軍はまた、タッル・ハッターバート村、マフラサ村、ダクワーナ村でダーイシュと交戦し、複数の戦闘員を殺傷、拠点・装備を破壊した。

AFP, January 22, 2016、AP, January 22, 2016、ARA News, January 22, 2016、Champress, January 22, 2016、al-Hayat, January 23, 2016、Iraqi News, January 22, 2016、Kull-na Shuraka’, January 22, 2016、al-Mada Press, January 22, 2016、Naharnet, January 22, 2016、NNA, January 22, 2016、Reuters, January 22, 2016、SANA, January 22, 2016、UPI, January 22, 2016などをもとに作成。

(C)青山弘之 All rights reserved.

カテゴリー: シリア政府の動き, 反体制勢力の動き, 国内の暴力, 諸外国の動き パーマリンク