バイデン米副大統領「ジュネーブ3会議が失敗したら、トルコとダーイシュ(イスラーム国)壊滅に向けた軍事的計画を準備する」(2016年1月23日)

ジョー・バイデン米副大統領はトルコを訪問し、アフメト・ダウトオール首相と会談、シリア情勢への対応などについて意見を交わした。

会談後の記者会見で、バイデン副大統領は、シリア紛争の政治的解決が失敗した場合、米国とトルコは、ダーイシュ(イスラーム国)壊滅に向けて軍事的な計画を準備することになるだろう、と述べた。

バイデン副大統領は「シリア政府と反体制派による今度のジュネーブでの会合で政治的解決に至らなかった場合、すべての選択肢が考えられることになる…。トルコと米国いんは、シリア領内でのダーイシュとの戦いに向けた軍事的介入に関する複数の計画があり、今度の交渉が失敗したらそれに訴えることになろう」と述べた。

AFP, January 23, 2016、AP, January 23, 2016、ARA News, January 23, 2016、Champress, January 23, 2016、al-Hayat, January 24, 2016、Iraqi News, January 23, 2016、Kull-na Shuraka’, January 23, 2016、al-Mada Press, January 23, 2016、Naharnet, January 23, 2016、NNA, January 23, 2016、Reuters, January 23, 2016、SANA, January 23, 2016、UPI, January 23, 2016などをもとに作成。

(C)青山弘之 All rights reserved.

カテゴリー: 反体制勢力の動き, 国内の暴力, 諸外国の動き パーマリンク