米中央軍は2015年10月のラッカ県での空爆で民間人3人が死亡していたことを認める(2016年1月29日)

米中央軍は、2015年7月27日から10月15日までの約3ヶ月で有志連合によるイラク、シリア領内でのダーイシュ(イスラーム国)に対する空爆で、民間人8人が死亡したことを確認したと発表した。

このうちシリアでの空爆で死亡した民間人は3人で、10月13日のラッカでの空爆で犠牲となったという。

CENTCOM, January 29, 2016などをもとに作成。

(C)青山弘之 All rights reserved.

カテゴリー: 反体制勢力の動き, 国内の暴力, 諸外国の動き パーマリンク