イラン革命防衛隊の准将、ヒズブッラー司令官がアレッポ県で死亡(2016年2月5日)

イランのタスニーム通信(2月6日付)は、イラン・イスラーム革命防衛隊のムフスィン・ガジュリヤーン准将が戦死したと伝えた。

戦死した日時については明らかにされなかったが、ガジュリヤーン准将はシリア軍のダーイシュ(イスラーム国)掃討戦の顧問をしていたという。

また同通信社によると、バスィージュの隊員6人がアレッポ県の「シーア派聖地」をめぐるタクフィール主義者との戦闘で死亡したという。

イランの複数のメディアによると過去1ヶ月で、シリア領内でのイラン・イスラーム革命防衛隊とバスィージュの隊員100人以上が戦死しているという。

ロイター(2月5日付)が伝えた。

**

一方、アラビーヤ(2月5日付)によると、ヌッブル市、ザフラー町包囲解除戦でヒズブッラー戦闘員を指揮していたハイダル・フライズ・マルイー司令官と戦闘員のフサイン・ハサン・ジャワードが戦死したと伝えた。

2人は数日前に死亡したという。

AFP, February 5, 2016、Alarabia.net, February 5, 2016、AP, February 5, 2016、ARA News, February 5, 2016、Champress, February 5, 2016、al-Hayat, February 6, 2016、Iraqi News, February 5, 2016、Kull-na Shuraka’, February 5, 2016、al-Mada Press, February 5, 2016、Naharnet, February 5, 2016、NNA, February 5, 2016、Reuters, February 5, 2016、SANA, February 5, 2016、Tasnim News, February 5, 2016、UPI, February 5, 2016などをもとに作成。

(C)青山弘之 All rights reserved.

カテゴリー: シリア政府の動き, 反体制勢力の動き, 国内の暴力, 諸外国の動き パーマリンク