シリア軍がダルアー市北部の反体制派の拠点アトマーン村を完全制圧(2016年2月5日)

ダルアー県では、『ハヤート』(2月6日付)によると、シリア軍が、ロシア軍の航空支援を受け、ヒズブッラー戦闘員とともにダルアー市北部の要衝アトマーン村で、反体制武装集団を掃討し、同地を完全制圧した。

アトマーン村一帯では、過去48時間で8回以上の空爆が実施され、戦闘員10人が死亡したという。

一方、SANA(2月5日付)によると、シリア軍がダルアー市北部のアトマーン村で反体制武装集団を掃討、同地を制圧し、治安と安定を回復した。

**

ハマー県では、SANA(2月5日付)によると、シリア軍がタマーニア町、ラターミナ町、マアッラト・ハルマ村、フバイト村、カフルズィーター市でシャームの民のヌスラ戦線、シャーム自由人イスラーム運動、アジュナード・シャーム・イスラーム連合、ナスル軍の拠点を空爆し、戦闘員70人以上を殲滅し、装備・拠点を破壊した。

**

イドリブ県では、SANA(2月5日付)によると、シリア軍がサラーキブ市、サキーク村でジュンド・アクサー機構の拠点を攻撃し、戦闘員6人を殲滅した。

**

ヒムス県では、SANA(2月5日付)によると、シリア軍がタルビーサ市でシャームの民のヌスラ戦線の拠点を攻撃し、複数の戦闘員を殺傷、拠点・装備を破壊した。

AFP, February 5, 2016、AP, February 5, 2016、ARA News, February 5, 2016、Champress, February 5, 2016、al-Hayat, February 6, 2016、Iraqi News, February 5, 2016、Kull-na Shuraka’, February 5, 2016、al-Mada Press, February 5, 2016、Naharnet, February 5, 2016、NNA, February 5, 2016、Reuters, February 5, 2016、SANA, February 5, 2016、UPI, February 5, 2016などをもとに作成。

(C)青山弘之 All rights reserved.

カテゴリー: シリア政府の動き, 反体制勢力の動き, 国内の暴力, 諸外国の動き パーマリンク